退職代行でパートを辞めた体験談はこちら>>CLICK!

40代50代のパートは疲れるし体力的に辛い!負担の減らし方や疲れをとる方法は?

40代50代のパートは疲れる

40代50代となってくると、パートに行くと疲れる…体力的に辛い…と感じる事も増えてきますよね。

年齢のせいかなと思うものの思ったように身体が動いてくれないと、パートに行くのも辛くなってくると思います。

そして疲れがたまってくると、少しのことでイライラしてしまう事も。

ぱとみ

でも休めないんですよね…。

そこでこの記事では、40代50代女性の「パートの負担の減らし方」「パートの疲れをとる方法」をご紹介していきます。

またパートに疲れてしまって、どうしても辞めたい!と思ったときの次の選択肢についてもまとめました。

「パートは疲れるし、行くのが辛い!」とストレスMAXになる前に、ぜひ参考にしてみてくださいね、

目次

40代50代のパートは疲れる!負担の減らし方は?

40代50代ともなってくると筋力・体力の低下、更年期の影響なんかもあって、パートから帰ってきた後はクタクタで何もする気がおきない事もありますよね。

帰ってからゆっくり出来れば少しはラクなのですが、休憩する時間が取れない日も多いと思います。

そこでここでは40代50代女性の「パートに疲れて辛い…」という気持ちを減らすべく、心と身体の負担を減らす方法をご紹介していきたいと思います。

どれも私が体験して良かったと思ったことなので、参考にしてみてくださいね。

パートに行く日数・時間を減らす

一番手っ取り早いパート疲れの負担を減らす方法が、「仕事を減らす」です。

例えばですが、

  • 週4日のパートを1日減らして週3日にしてもらう
  • 17時までの仕事の時間を15時までにしてもらう

という感じですね。

これは自分が希望したからといって必ず通る話ではないのですが、パートに行く日数や時間を減らすと疲れはやはりラクになりますよ。

私も18時までの仕事を17時までに変更してもらった事がありますが、夜ご飯の準備に余裕が持てるようになり、気持ち的にグッと楽になりました。

ぱとみ

1時間だけでも、全然違いましたよ。

もし今の職場に不満があるならば、思い切ってこの際に「希望の日数・希望の時間」で働けるパートに転職するのもよいかもしれません。

ただ仕事の日数や時間を減らすと、収入が減ってしまう可能性は高くなります。

ですから、

  • 「疲れるし辛い」と思いながらも、収入のために今のパートを続けるのか
  • 収入は減るけど仕事を減らして、パートの疲れやストレスを減らすのか

この辺りは自分の今の状況や家庭の事情と相談しながら、考えてみるといいですね。

家族に家事を手伝ってもらう

40代50代でも、子どもにまだまだ手がかかる人も多いですよね。

パートをしながら家のこともしないといけなくて、仕事と家庭の両立って疲れるな…と思う時も沢山あると思います。

ぱとみ

主婦って色々とやる事があって、大変なんですよね…。

時間がいくらあっても足りないと思うので、自分だけで何とかするのではなく家族にも協力してもらいましょう

例えばですが、

  • 旦那さんには週末の洗濯、掃除機がけ、布団をひく、ゴミ出しなどをしてもらう
  • 子どもたちには、弁当箱を洗う、洗濯物を取り込んでたたむ、お風呂そうじなどをしてもらう

こんな感じで、家族に家事の手伝いをお願いしてみてください。

もしかしたら最初は、洗い残しがある、綺麗になっていないなど、家事が上手に出来ていなくて余計に疲れてしまう事もあるかもしれません。

ぱとみ

でも慣れるまでの少しの辛抱です!

旦那さんや子供も自分が手伝ったことに対してやり直しや不満を言われてしまうと、もうやりたくないと思ってしまいます。

「こうして欲しい」と言いたくなる気持ちはとっても良く分かるのですが、ここはグッと我慢して笑顔でお礼を言うようにしてみて下さい。

褒めて伸ばすのがポイントですよ!

家族みんなで家事を分担しながらパートで働くことが出来たら、疲れが減りますし頑張れそうですよね。

少しずつでもいいので、今まで自分がしてきた家事を家族にお願いしてみましょう!

買い物はネットスーパーを使う

パートから帰る途中にスーパーに寄って買い物するのって、結構疲れるんですよね。

お休みの日に食料品の買いだめしようとしたら、すごく荷物が重くなって持って帰るのも一苦労という事もありますよね。

ぱとみ

私は買い物が負担で、結構なストレスでした…。

そこで私は、ネットスーパーを使うことにしました。

重いし疲れるしでイヤだった食料品の買い出しが、ネットスーパーを使うようになって本当にラクになりましたよ。

ネットスーパーとは、買い物に行かなくても家の近所のリアル店舗の商品をネットで注文できて、自宅に届けてくれるサービスです。

普通のスーパーより値段が高いのでは?と思われるかもしれませんが、全然そんな事はなく、近所のスーパーで購入するのと変わらないですよ。

ネットスーパーは全国展開のスーパーを例にあげると、

などがやっていますが、今ネットスーパーは人気があるため近所のスーパーでもやっている可能性は十分にあります。

私は主にイオンのネットスーパーを使っているのですが、商品の値段は普通にイオン店舗で購入するのと変わらないですし、野菜もお肉も結構安いので助かっています。

すきま時間にパソコンやスマホで注文するだけで指定した日時に自宅に届けてくれるので、効率もいいんです。

ぱとみ

時間によっては注文した当日に届けてもらう事も出来ます♪

トイレットペーパーなどのかさ張る日用品も買えますし、水やお米などの重い商品も家の玄関まで届けてもらえますよ。

ちなみにイオンネットスーパーの場合は私の住んでいる場所では送料が330円かかるのですが、○○円以上購入で送料無料というネットスーパーもあるようです。

自分の目で商品が見れない、見切り品が買えないというデメリットもあるのですが、それよりもラクチンで時短というメリットが大きいです。

もし「パート帰りにスーパーに寄るのが大変」「かさばるものや重たいものを家に届けてもらいたい」という時は、ネットスーパーの利用を検討してみて下さいね。

ぱとみ

私は買い物がグッとラクになりましたよ!

時短家電を購入する

家事って毎日しなきゃだし、少しずつの積み重ねがとっても疲れますよね。

そんな時に取り入れるとすごく楽になるのが、時短家電です。

例えば食器を洗う時間と拭く時間って、結構な時間がかかるんですよね。

もしその時間を節約できたなら、その時間を自分のリラックスタイムや別の用事に使うことが出来ます。

我が家では、食器洗い乾燥機が大活躍!

ポイポイと食器をほり込んでスイッチをおせば、食洗機が乾燥まで一気にしてくれるので大助かり。

ぱとみ

私の場合、冬にお湯で食器を洗うとすぐに手がガサガサになってしまうので、必需品です。

食洗機の種類にもよるとは思うのですが、手洗いするよりも水道代が1/6ですむので水道代の削減にもなりますよ。

もちろんお鍋は手で洗うことが多いですし、使った食器が全部入らない事もあるのですが、あるのとないのとでは大違いです。

ただ音は結構うるさいので、我が家では子供がテレビを見ている時には食洗機を回すと文句を言われます…。

パートで疲れて家事が辛いという時に、本当にオススメの時短家電ですよ。

あとはもう一つおすすめなのが、お掃除ロボット。

ルンバなどの高級なものは10万円近くして、そんな掃除機にお金をかけられない!って思っちゃいますよね。

けれど今は、そんなに高くなくても2万円以下でとっても便利なお掃除ロボットがたくさんあるんですよ。

我が家が使っているのはこちら。

パートへ出かけている間に、家じゅう隅々まで掃除機をかけておいてくれるので、本当に助かっています。

ぱとみ

帰ってきた時に床がきれいだと、気分もいいですよね。

特に我が家は犬がいるので、毎日掃除機をかけないと毛がすごいんです。

毎日10分の掃除機の時間が無くなるだけで、本当に楽だなって実感しています。

そんなに高いお掃除ロボットでなくても、きちんとほこりや毛は集めてくれますし、しっかり部屋中掃除をしてくれて買ってよかった時短家電No.1です。

家事代行サービスを使う

家事代行サービスってご存じでしょうか。

普通の主婦の方などがスタッフとして自宅に来てくれて、お料理やお洗濯、掃除などをしてくれるサービスです。

私はパートの仕事に疲れ果ててあまり家の掃除が出来ていない時に、お願いしたことがあります!

ぱとみ

旦那には内緒で、こっそりお願いしました。

私がお願いしたのはcasyという大手の家事代行サービスなのですが、初回は2時間で4,700円(税込・交通費込)です(※時期によって違う可能性あり)。

Casyではこの料金で「キッチン、トイレ、お風呂、洗面所の水回りおまかせ4点プラン」か「お料理代行」プランを選べるのですが、私は水回りおまかせ4点プランでお願いしました!

当日は30歳代の主婦の方が来てくれたのですが、とても感じのよい方でテキパキと水回りの掃除をしてくれましたよ。

ぱとみ

事前にメールで連絡もくれるのですが、とっても丁寧な方で安心してお任せすることが出来ました。

基本的に掃除道具や洗剤は自宅にあるものを使ってもらう事になっているので、こちらで事前に準備しておく必要があります。

我が家にきてくれたスタッフさんによると、過去には食器洗いの洗剤しかなかったお家があったそうで、すべての場所を食器用洗剤で掃除をした事があるそうです。

ぱとみ

びっくり。それでもやり遂げたそうなので、プロ根性を感じました。

2時間キッチリでキッチン、トイレ、お風呂、洗面所を本当にピカピカにしてもらえて驚いたのですが、一番驚いたのが、お風呂に水滴が全くなかったことです。

もちろんお風呂も掃除してくれているのですが、水滴が残らないように全体を拭きあげまでしてくれていたんですよね。

これには本当に驚きました!

我が家の場合ちょこちょこ自分で軽く掃除をしていれば、掃除をしていただいてから1ヶ月くらいは綺麗な状態をキープできましたよ。

お金はかかってしまいますが初回はお試し価格で利用出来るので、パートに疲れて家の掃除で困っている時は家事代行サービスを頼んでみてもいいですね。

\たまには自分にご褒美を!/

40代50代のパートの疲れをとる方法は?

40代50代は若い時と違って疲れが抜けにくいので、困ってしまいますよね。

パートの疲れがたまってくるとどんどん仕事に行くのが辛くなりますし、ストレスでイライラしてしまう事もあると思います。

40代50代のパートの疲れをとる方法をご紹介していきますので、ぜひお試しください。

十分に睡眠をとる

40代50代はパートだけでなく、子育て、家事など色々忙しい世代ですし、つい睡眠時間を削ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

睡眠をとる事で脳の疲れも身体の疲れもとれるので、しっかり睡眠時間の確保ができるといいですね。

ちなみに必要な睡眠時間は人それぞれ違うそうですが、アメリカの大規模調査の結果によると「睡眠時間が7時間の人が最も死亡率が低く長寿」という事でした。

といっても、ただしっかりと睡眠をとればいいというわけではなく、質の良い睡眠をとることも大切です。

ぱとみ

睡眠は時間だけでなく、質もとても大事!

  • 決まった時間に寝て、決まった時間に起きる
  • 最低でも睡眠の1時間前には入浴する
  • 寝る前の1時間前にはスマホの使用をやめる

質のよい睡眠をとるためには、最低でもこの3つは守った方がよさそうです。

特にスマホから出ているブルーライトは眼に入ると頭が覚醒してしまって寝つきが悪くなるため、寝る前に見るのは避けた方がいいですね。

しかもブルーライトは、肌の老化を促進してシミやくすみの原因にもなるとか。

ぱとみ

女性の大敵ですね。

忙しい毎日だと思いますが、なんとか睡眠時間を確保して良質な睡眠をとり、パートの疲れを次の日に持ち越さないようにしましょう。

適度に運動する

パートで疲れている時は、軽い運動をする事をオススメします。

パートをしていると同じ姿勢で作業をしている事が多いため、一部の筋肉に慢性的な疲労が溜まる事があるようです。

軽い運動をすることで筋肉がほぐれて、血の巡りもよくなるというわけですね。

ぱとみ

でも軽い運動と言われても、何をしたらいいのかな?

パートの疲れを解消するための運動について、一例をあげてみますね。

  • ウォーキング
  • 軽いジョギング
  • ステッパーを使った踏み台昇降運動
  • フラフープ
  • スイミング
  • ダンス

基本的には、有酸素運動だったらどれでも大丈夫だと思いますよ。

私は朝起きた時に、必ずラジオ体操をするようにしています。

ぱとみ

ラジオ体操第一をやっています♪身体が伸びて気持ちいいですよ!

ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

入浴はパートで疲れた体を休めてくれますしリラックス効果もあるので、シャワーで済ませずにぜひぬるめのお風呂にゆっくりと入ってみて下さい。

身体をジンワリあたためる事で血行が良くなって筋肉や関節も柔らかくなるので、仕事の疲れが取れやすくなりますよ。

ぱとみ

湯船にアロマオイルを数滴落とすと、よい香りがしてリラックスできるのでオススメです!

ぬるめのお湯の温度は、38〜40度です。

ぬるめのお湯に20分くらいゆっくりと入るとぐっすりと眠れると言われているので、ぜひお試しください。

美味しいものを食べる

パートって疲れるな…しんどい…と思った時は、美味しいものを食べて気分転換をしましょう。

美味しいものを食べると心もお腹も満たされて、「また明日から頑張るぞ!」という気持ちになれるんですよね。

今は全国のグルメをネットショッピングで気軽に自宅にお取り寄せできますし、美味しいものがいつでも自宅で楽しめます。

ぱとみ

ちなみに私のプチ贅沢は、コンビニスイーツです。

美味しいものを食べて、パート疲れを撃退しちゃいましょう!

友達に話を聞いてもらう

パートで疲れるという時は、仲のよい友達に話を聞いてもらうといいですよ。

私も仲の良い友達といっぱいおしゃべりして、ストレス発散しています。

パートの愚痴を聞いてもらうという事でなくても、近況や家族の話、好きな芸能人のことなどをおしゃべりするだけでも、気持ちはスッキリ。

気分転換にもなりますし、パートで心と身体が疲れた時は、ぜひ友達といっぱいおしゃべりしてみて下さいね。

40代50代でパートに疲れて辞めた後の選択肢は?

40代50代になってくると、年齢的にも今後のライフスタイルを見直したくなったり、パートを辞めたとしたらその後はどうしよう?と考えたりする事もあると思います。

ここでは、40代50代女性が「パートは疲れる、もう辞めたい」と思った時のその後の選択について、ご紹介していきますね。

少し休んだ後にまた働いてみる

パートに疲れてしまったら、退職して一度少し休んでみてもいいと思いますよ。

ゆっくりして体力や気力が戻った時にもしまた働きたいと思ったら、新しい職場で働くことを考えるとよいのではないでしょうか。

ぱとみ

パートは疲れることも多いですが、やりがいや楽しいこともありますよね。

40代50代はまだまだ若くて働ける年齢ですが、どこかで冷静に「この仕事って続ける意味があるのかな?」と考えてしまう年齢でもあると思います。

「まだ働きたい」のか「もう働かない」のか、今後の自分の人生の過ごし方を考えて決められるといいですね。

パートを辞めるか続けるか迷う人必見!辞め時の見極め方と私が辞めた理由

在宅ワークをしてみる

もうパートに行くのはイヤだけど何か仕事はしたいという時は、在宅ワークもオススメです。

ぱとみ

私の友達は、在宅ワークをやりながら時々短期パートで働いています。

例えばですが、クラウドソーシングサービス大手の「クラウドワークス」などを利用している人も多いですよ。

クラウドソーシングとは、このようなサービスです。

インターネット上で不特定多数の人材に対して業務内容と報酬を提示し、仕事を発注する手法。

引用:コトバンク

クラウドワークスでは事務作業やライター業などの、自宅で出来る仕事の募集が沢山あります。

またココナラというもサイトでは、自分の趣味を生かした仕事が出来たり、自分の持っているスキルを販売したりする事も出来ますよ。

40代50代は色々経験も積んでいますし、自分の得意なことを仕事に出来る可能性もあります

どんな仕事があるのか、一度のぞいてみるといいですね。

40代50代のパートは疲れるもの!無理をせず自分のペースで

40代50代になってくると、「体力的にも辛いし、パートに疲れた…。」そう思うことも増えてきますよね。

ストレスMAXになってしまう前に、この記事でご紹介した「負担の減らし方」や「疲れをとる方法」をぜひお試しください。

心と身体への負担の減らし方は、この5つ。

  • 仕事に行く日数・時間を減らす
  • 家族に家事を手伝ってもらう
  • 買い物はネットスーパーを使う
  • 食洗機を購入する
  • 家事代行サービスを使う

パートの疲れをとる方法は、この5つです。

  • 十分に睡眠をとる
  • 適度に運動する
  • ぬるめのお風呂にゆっくりつかる
  • 美味しいものを食べる
  • 友達に話を聞いてもらう

人の手を借りたり時短家電を使ったりしながら、無理をせず自分のペースでパートを頑張っていけるといいですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる