退職代行でパートを辞めた体験談はこちら>>CLICK!

パートの内定承諾後に辞退する時のポイント!具体的な例文と辞退理由も紹介

パートの内定承諾後に辞退したい時、なんて言えば良いのか悩む人も多いはず。

せっかく採用してくれた会社ですから、失礼のないよう穏便に断りたいですよね。

ぱとみ

1度OKしてしまったから、一段と辞退するって言い出しにくい…

このページではパートの内定承諾後に辞退の連絡をする時のポイントや、そのまま使える具体的な例文を紹介しています。

また悩みがちな辞退理由や、トラブルを回避するために気を付けたい注意点もまとめていますよ。

「採用されたけど辞退したい」「失礼のない断り方が知りたい」という人は参考にしてくださいね。

目次

パートの内定承諾後に辞退する時のポイント

パートの内定を一度承諾した後に辞退する時、「どう断るか」悩みますよね。

採用してくれた会社に電話をするのは気が重いですが、そこまで罪悪感を感じる必要もありませんよ。

問題は必要以上に、会社に迷惑をかけないことです。

ぱとみ

正しいマナーを知って失礼のないようにしましょう!


ここでは、パートの内定を承諾した後に辞退する時のポイントを紹介しますね。

内定後2~3日以内に連絡する

内定を辞退する時に1番気を付けたいのは、なるべく早く連絡することです。

できれば、承諾した日から2~3日以内には連絡をしたいところ。

というのも内定を受け入れたら会社はもう新しい人を探す必要がなくなるため、採用活動を終了してしまうんですよね。

もし同時に何人かが応募していた場合、不採用の人には連絡をして断ってしまいます。

もし承諾した2~3日後に断っていたら、まだ別の人に声をかけられたかもしれないのに、日にちが経ちすぎるとそれさえもできなくなってしまいます。

そうなると会社は誰も採用できないままお金を無駄にしただけで、また募集をかけることに…。

そんな最悪の事態を避けるためにも、辞退しようと決めたらなるべく早く行動に移しましょう。

ぱとみ

早ければ早いほど、会社が受ける傷も浅くて済みますよね。

辞退の電話はなるべくしたくないもの。

ですからそんな電話の機会を減らすため、内定を承諾する時も少し慎重になってほしいと思います。

例えば面接を終えて「ちょっと違うかも」と違和感を感じていても、場の雰囲気で承諾してしまうこともありますよね。

ぱとみ

特に面接時に採用って言われた時は、つい『ありがとうございます』って承諾しちゃいます。。。

けれどよく考えたら「やっぱり違うから断ろう」となって、辞退の電話をすることになる人もいるはず。

少しでも違和感を感じたなら、面接時に採用と言われたり後日採用の電話をもらっても「〇日まで返事は待っていただきたいのですが」など返事を保留にして冷静に考えましょう。

他の所も受けているから、その結果を待ってほしいと伝えてもいいと思いますよ。

その方が会社もすぐには求人を締めきったりはしないし、罪悪感も感じずに済むはずです。

メールではなく電話がベスト

内定承諾後に連絡するなら、メールではなく電話にしましょう。

社会人として重要なことは電話で伝えるのがマナーですし、メールだとタイムラグが生じる可能性がありますよね。

ぱとみ

担当者が気づかないこともあるし、設定の関係でもしかすると届かないかもしれません。

そのため内定辞退の連絡は、電話がベストです。

電話をかけるときの注意点は、時間に気を付けること。

朝早く仕事が始まってすぐの時間帯や昼休憩など勤務時間外はさけて、できれば昼前や14時以降の落ち着いた時間に電話するのが良いです。

飲食業の場合もお昼時や夜など忙しい時間帯は避けて、落ち着いた時間を見計らって電話しましょう。

早く言いたくて気持ちが焦るのも分かりますが、忙しい時間帯にかけても担当者がつかまらず余計に緊張してしまいますよ。

また、担当者に変わらずに電話に出た人に伝えるのは避けたいですね。

やはり面接してくれた担当者に謝罪とお礼を伝えるべきだし、もしかしたら伝言がうまく伝わらない可能性もあります。

緊張してしまう人は話すことをメモに書いて、スムーズに伝えられるように対策するとよいですよ。

ぱとみ

移動中の電話は電波が途切れることもあります!電波が安定したところでかけましょう。

理由は簡潔に伝える

内定を辞退する電話は、簡潔に終わらせた方が良いです。

「裏切ったみたいで申し訳ない」という気持ちから、長々と理由を話してしまう人もいますが、相手も仕事中ということを忘れずに。

しかも、辞退する人の話をだらだら聞きたくないですよね。

さらに要点がまとめられていないと「結局は何が言いたいの?」と思わせてしまい、イライラされるかもしれません。

それに話が長いと色々と突っ込まれる可能性もあるため、自分にとっても簡潔に済ませた方が良いんですよね。

ただ気を付けたいのは、簡潔にしすぎて無礼にならないこと。

話を早く終わらせようとするがあまり、感謝の言葉や謝罪を言えないとそれは不快感しか与えません。

ぱとみ

マナーは守りつつ簡潔に要点をまとめて話すことを意識してくださいね。

電話をするときの具体的な例文は次の章で紹介するので、参考にしてください。

感謝と謝罪の気持ちが1番大切

辞退の電話のタイミングや方法を紹介しましたが、なにより大切なのが『感謝と謝罪の気持ち』を伝えることです。

会社も時間を割いて面接して、選考の結果自分を選んでくれたんですよね。

もちろん自分にも会社を選ぶ権利があるため、断ることに問題はありません。

けれど『自分を選んでくれたこと』『1度承諾したのに断ること』で迷惑はかけているので、しっかり言葉で気持ちは伝えるべきです。

『採用いただいてありがとうございます』『せっかく採用してくださったのにすみません』という言葉は、気持ちをこめて言ってくださいね。

ぱとみ

この言葉がないと、どれだけすぐに連絡しても罵倒されたり嫌味を言われる可能性も出てきてしまいますよ

もう関係がなくなる会社ですが、相手の気持ちも考えて行動できるとよいですね。

パートの内定承諾後に辞退する時の例文

続いて、パートの内定承諾後に辞退する時の具体的な例文を紹介しますね。

基本連絡は電話が良いのですが、担当者がつかまらない場合はメールもありだと思います。

そのまま使える例文を用意したので、文章を組み立てるのが苦手な人は参考にしてくださいね。

ぱとみ

電話とメールの例文をそれぞれ紹介します!

電話で辞退する時の例文

電話で連絡する際は、お昼休憩など勤務時間外をさけて落ち着いた時間を狙いましょう。

また電話口に出た人に要件を伝えるのではなく、採用担当者に直接伝えてくださいね。

電話の例文①

先日〇月〇日にパートの面接していただいた△△と申します。××様いらっしゃいますか?

~~~~~~~~~~~~
 
お忙しいところ失礼いたします。〇月〇日に面接をしていただいた△△と申します。先日は採用のご連絡をいただきありがとうございました。

大変申し上げにくいのですが、(辞退の理由)で今回の採用を辞退させていただきたくお電話いたしました。せっかく採用いただきましたのに、大変申し訳ありません。

ぱとみ

担当者の名前が分からないときは「採用ご担当者様いらっしゃいますか?」でもOK!

もし電話を掛けた時に担当者が不在なら「もう一度かけなおします」と伝えて、電話があったことは伝言してもらいましょう。

もしかしたら、担当者から折り返しがあるかもしれませんよ。

そして二度目に電話を掛けた時も担当者がいない場合は、電話口の方に伝えてもよいかも。

電話の例文②

何度もお電話するのも申し訳ないので、ご伝言をお願いしてもよろしいですか。

〇月〇日に面接していただいた△△と申しますが、採用を辞退させていただきたくお電話しました。せっかく採用していただいたのに申し訳ございません。

とお伝え願えますか。よろしくお願いいたします。

ぱとみ

伝言を伝えた人の名前を聞くのを忘れずに!

万が一伝言が伝わらなかった場合のため、電話口の人の名前は必ず聞いて覚えておいてくださいね。

また担当者のメールアドレスを聞いている場合は、メールで連絡してもよいと思いますよ。

メールでの連絡方法は、下記を参考にしてくださいね。

メールで辞退する時の例文

上記で書いたように何度も電話しているのに担当者につながらない場合は、メールしても大丈夫です。

電話したことは伝言で伝わっていると思いますので、メールで取り急ぎ辞退の旨を伝えましょう。

メールの例文

株式会社○○ ××様

お世話になっております。先日パートの面接をしていただいた〇〇(フルネーム)です。
先日は採用のご連絡をいただきありがとうございました。
大変申し上げにくいのですが、一身上の都合により採用を辞退させていただきたく存じます。

せっかくご縁をいただきましたのに、申し訳ございません。
今回の辞退により、ご迷惑をおかけすることを心よりお詫び致します。

何度かお電話させていただいたのですが、お話することができませんでしたので取り急ぎメールにて失礼させていただきました。

末筆ながら、貴社の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。
○○ ○○(フルネーム)

メールの文面のポイントは「本来なら電話がマナーだけど、つながらなかったからメールした」ということを伝えること。

ぱとみ

実際に電話していることは伝わっているため、メールで連絡しても問題ありませんね。

もしその後担当者からもう1度電話がかかってきた場合は、改めてお詫びと感謝を伝えたうえで辞退したいという事を伝えればOKです。

パートの内定承諾後に断る時の辞退理由

内定を承諾した後に辞退するとなると、困るのが辞退理由ですよね。

辞退理由は絶対伝えないといけない決まりはないですが、聞いてくる会社の方が多いと思います。

ぱとみ

聞かれて困らないように考えておきましょう。

ここでは、辞退理由を聞かれた時になんて答えるべきかを紹介しますね。

他の企業から内定をもらった

複数応募していて他社で内定をもらった場合は正直に、「他社で採用をいただいたのですみません」といっても大丈夫。

「悩んだのですが、そちらで働かせていただくことにしました」と言えば、会社もそれ以上突っ込むことはないかと思いますよ。

なぜ他社にしたのか「給料が良かった」「条件が良かった」など詳細は話す必要はありませんので、簡潔に答えてくださいね。

もし面接の際に複数応募していることを隠していた場合は、責められたり嫌味を言われる可能性もあるので要注意。

ぱとみ

そういった場合はトラブルを避けるために、別の理由を言った方が良いかもしれません。

よく考えたら条件が合わなかった

内定をもらってその場の雰囲気で返事したけど、よくよく考えたら条件が合わないということもありますよね。

そんな時は、正直に「やはりよく考えたら○○の条件が合わないと感じまして…」と言っても大丈夫ですよ。

例えば

  • 通勤時間が思ったよりかかってしまうので、通勤時間が条件に合わない
  • 夫と相談して扶養内で働くことにしたので、シフトが条件に合わない
  • 面接で水曜日は必ず入ってほしいと言われたが、よく考えたら子供の習い事の送迎があるので条件に合わなかった
ぱとみ

このような理由なら、辞退も言い出しやすいですよね。

けれどこの場合、理由によっては引き止められる可能性もあるので注意が必要です。

よくあるのが、会社がどうしてもあなたに入ってほしい場合は「じゃあ○○に変更しますよ!」「△△なら大丈夫?」など条件を変えてくること。

特にシフトを理由に「週5はやっぱりきついと考え直した」とか「16時までだとお迎えに間に合わないことに気づいた」などと伝えると、こちらに合ったシフトに修正すると言ってくれる可能性もあります。

もちろんそれだけが本当に辞退したい理由なのであれば、シフトを変更してくれると辞退せずに済むのでありがたい話。

けれどそれだけが理由ではない場合、シフトの修正案を持ち出されると断りにくくなってしまうので要注意です。

ぱとみ

職場の雰囲気が悪そうだったけど、そうは言えないからシフトの条件が合わないと言ってしまうと、シフトを調整してくれると言われたら断りづらくなってしまいます。

なのでもし、シフトだけが都合でない場合には、そういった修正案を出される可能性がある嘘の理由は言わない方が安全ですよ。

また修正案を出されると、その場の雰囲気や担当者の圧で 「じゃあお願いします!」 と返事してしまうことも…

一度採用を断った後ろめたさもあって受け入れてしまう気持ちもわかりますが、電話での提案をその場の勢いで受け入れるのは危険です。

ぱとみ

同じく数日経って「やっぱり違う」と感じてしまう可能性もあります。

同じ失敗を繰り返さないためにも、出された提案や条件は詳細をメモに書いていったん保留にしましょう。

違和感を残さないように、感じた疑問はとことん質問してください。

そして落ち着いてもう一度考えて、後悔のない選択をしてくださいね。

家庭の事情

もし「他社で内定をもらった」「条件が合わない」と伝えにくいなら、家庭の事情で辞退したいというのが言いやすいです。

もし本当の理由を伝えて揉めそうだと感じるなら、嘘をついても良いと思いますよ。

ぱとみ

お互いに平和でいられるなら、その方が良いですよね。

ただ、嘘をつくなら会社も納得できるものを選びましょう。

  • 身内の介護
  • 子供の通院
  • 夫と話し合いの結果


例えば『子供が体調を崩して通院の送り迎えが必須になった』『身内の介護で実家と往復しなければならなくなった』など、急に状況が変わったことを伝えましょう。

また夫と話し合った結果『パートで働くこと自体を延期することにした』など、話せば会社も納得してくれるはず。

ぱとみ

ポイントは、働いても会社に迷惑をかけるから辞退したいということですね。

そういわれたら会社も引き止められないし、話が長引かずに済むことが多いですよ。

けれどもし次に働く会社が辞退した会社の近所だと、働いている現場を見られる可能性もあるかもしれません。

そういった場合は、嘘をつくと気まずい雰囲気になってしまいますね。

面接で一回会っただけの人を覚えているかも不明ですが、可能性があるなと感じるなら嘘も考えて言うべきかもしれませんね。

パートの内定承諾後に辞退!トラブル回避のための注意点

パートの内定を承諾した後に断ると、最悪の場合トラブルも考えられますよね。

例えば「断った後にやっぱりそこで働きたい」「会社から怒られた」など。

ぱとみ

これらのトラブルはあらかじめ回避することが可能ですよ!

余計な問題を抱えないためにも、ここから紹介する注意点を覚えておいてくださいね。

一度断ったら戻れない

当然ですが内定をもらった会社に断りの電話を入れたら、もう一度採用をもらうことはできませんよね。

何度もころころ意見を変える人を会社は受け入れてはくれないですし、その時点で信用できない人と思われてしまうからです。

一度手放したものは手に入らないからこそ、辞退の電話は慎重にすべき

ぱとみ

本当に断ってよいのか?後悔しないか?と考えてから行動に移しましょう。

考えるべきは以下です。

  • 何が合わないのか(断る理由)
  • 1番妥協できない部分はどこか

まずは何が合わなくて断るのか、冷静に頭の中で整理します。

他の会社と比べているなら、自分にとって1番妥協できない部分を満たしているのはどの会社なのかを明確にしましょう。

自分にとって譲れない部分をハッキリさせないと、『後々考えたら断った会社の方がよかった』なんて事になりかねません。

「辞退するなら早く連絡しないと!」と焦ってしまいますが、後悔のない選択をしてくださいね。

複数応募は事前に伝えておく

もし複数応募しているなら、隠さずに会社に伝えておきましょう。

「御社しか受けていません」と面接で言っていたのに、「他社から内定をもらったので辞退します」なんて断ると嘘をついていたことになります。

ぱとみ

これは社会人としては、やりたくないですよね

もし複数応募しているなら、採用をもらった時に「返事は〇日まで待ってほしい」と伝えておくべき。

そして面接で「他にも受けているところありますか?」と聞かれた時にも、正直に答えた方が良いですね。

「複数応募していると言ったら不採用になるのでは」と思う人もいるかもしれませんが、嘘を言う方が不誠実なので本当のことを言うべきですよ。

「早く働き始めたいので複数応募しています」と正直に言えば大丈夫。

自分を採用したい会社なら「他が決まる前に採用しよう」と思ってくれる場合もあるため、隠さずに答えておきましょう。

新しいパートや仕事がなかなか決まらない人へ

  • パートの面接を受けても、なかなか採用してもらえない。
  • 自分で探していても、条件があうパートが見つからない。

そんな人におすすめなのが、求人アプリ!

登録しておけば希望の条件に合った仕事が通知されるものもあるので、探す手間が省けますよ。

おすすめの求人アプリをご紹介しますね。

仕事が決まれば1万円もらえるマッハバイト

バイト・アルバイト求人を見つけるならマッハバイト
バイト・アルバイト求人を見つけるならマッハバイト
開発元:Livesense Inc.
posted withアプリーチ

高時給のパートが多く、しかもサクッと手軽に応募できるのが人気のマッハバイト

なんと嬉しいことに、採用されるだけで最大1万円のマッハボーナスがもれなくもらえちゃうんです。

ぱとみ

仕事を辞めてお財布が寂しいって時に、助かりますよね!

1つアプリに登録しておくなら、マッハバイトが1番おすすめです。

とりあえず1日などの単発で働けるシェアフル

シェアフル - 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ
シェアフル – 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ
開発元:Sharefull,inc.
posted withアプリーチ

次の仕事が決まるまでの間、単発で働きたいな…って思う人も多いはず。

ぱとみ

日給をもらって手軽に働けるのって、家計にも嬉しいですよね。

そんな人におすすめなのが、こちらのシェアフル

たった1日や空いた時間だけ働けるので、主婦にも人気のサービスです。

働ける日や場所を登録しておけば自動でお仕事を紹介してくれるので、気に入った仕事に申し込めば後は当日現地へ行くだけ。

データ入力などの事務作業から工場での軽作業、また在宅でできるアンケートなどの仕事もあるので、おこづかい稼ぎにもピッタリです!

次は正社員になりたいなら転職ナビ

転職ナビ-正社員の求人がみつかる転職アプリ
転職ナビ-正社員の求人がみつかる転職アプリ
開発元:Livesense Inc.
posted withアプリーチ

次はパートじゃなくて正社員で働きたい、そう思うなら転職ナビに登録しておくのがおすすめ。

ぱとみ

希望の条件を登録しておけば、毎日希望に合ったお仕事の通知が届きますよ。

企業からの直接スカウトがあったり、質問に答えるだけで自己PRや職務経歴書などの面倒な書類を作成してくれたりと、サポート体制が万全。

久々に社員の転職活動をするのは不安…という人でも、安心して探せるアプリです。

本気で仕事を探すならアルバイトEX

もし本気で早く次のパートを探したいという人は、『アルバイトEX』で探すと早く見つかりますよ。

『バイトル』『しゅふJOB』『シフトワークス』といった求人サイトをすべて網羅された情報から探せるので、いろいろなサイトで探す必要がありません。

ぱとみ

全部で17もの求人検索サイトの情報から探せますよ!

かなり細かい条件や職種から検索できるので、あなたにピッタリな仕事が見つかるはず。

なかなか条件が合うパートが見つからないという人は、1度アルバイトEXで探してみてくださいね。

アルバイトEXで次の仕事を探す>>

パートの内定承諾後に辞退する時は早めの連絡が鉄則!

パートで内定承諾後に辞退する時、一番気を付けたいのはすぐに連絡することです。

連絡が遅いと会社に迷惑をかけるため、2~3日以内にはしたいところ。

内定を辞退する時のポイントは以下です。

  • 内定後2~3日以内に連絡する
  • メールではなく電話がベスト
  • 理由は簡潔に伝える
  • 感謝と謝罪の気持ちが1番大切
ぱとみ

大切なのは『タイミング』と『感謝と謝罪を伝えること』!

悩む辞退理由は、以下を伝えてくださいね。

  • 他の企業から内定をもらった
  • よく考えたら条件が合わなかった
  • 家庭の事情

内定を承諾後に辞退すると、もうその職場では働けないためしっかり考えてから返事しましょう。

「内定を承諾したけど辞退したい」「失礼のない断り方を知りたい」という人の、参考になれば嬉しいです。


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる