退職代行でパートを辞めた体験談はこちら>>CLICK!

パートを辞める理由に転職はあり?退職を伝えるコツと注意点まとめ

パートを辞める理由を正直に言って良いのかどうか、円満退職を目指す上では迷いどころですよね。

例えば「転職するのでパートを辞めます」という理由を使うのはアリなのでしょうか。

ぱとみ

転職するという理由だと、今の職場に不満があって辞めるイメージがあるから、言いづらい気もするなぁ

この記事ではパートを辞める理由に転職を使う場合のコツと、注意点をまとめています。

転職のことをパート先に言って良いのか、迷っている人は参考にしてくださいね。

目次

パートを辞める理由に転職はあり?

結論から言ってしまえば、パートを辞める理由に転職を使うのはアリです。

その理由について解説していきますね。

退職理由は前向きな方が良い

辞められる側の会社としては、職場に不満や何か問題があったから辞めるのではないかと考えるもの。

ぱとみ

実際、辞める理由には仕事に対する不満や人間関係の問題が多いんですよね。

でもこれまでお世話になってきた会社に対して不満をぶちまけて退職するというのは、社会人のマナーとしてはあまりよくありません。

なるべく円満退職を目指した方が、お互い気持ちよく前へ進めますよね。

そういった視点で考えると、転職を理由とした退職は円満退職につながりやすいです。

転職は「もっとこうしたい」「もっとこうなりたい」といった、明るく前向きな気持ちが感じられるからですね。

辞められる側の会社としても、上を目指す前向きな人の背中を押すことに悪い気はしないはずです。

辞める理由で嘘を伝えてもいい?

ぱとみ

まだ転職先は決まってなくて就職活動中だけど、「転職します」と言って辞めるのはアリなのかしら?

円満退職を目指す上で必要であれば、まだ転職先が決まっていなくても「転職するため」と言って辞めるのはアリです。

一般的に退職理由をすべて正直に話す必要はありませんし、「一身上の都合」で押し通しても問題はありません。

ただし退職理由をまったく言わないで辞めるには、本当の理由を言わない覚悟が必要です。

ぱとみ

辞めて欲しくない会社からの強い引き留めを、負担に感じることもありますよね。

でも転職先がもう決まっていると言えば、会社も引き留めにくいのでスムーズに辞めれることが多いです。

余計な時間と労力をかけることなく退職することができるので、まだ転職が決まっていなくても「転職するので退職します」もしくは「転職先が決まったので退職します」と言ってしまうのも一つの手ですね。

パートを辞める理由に転職を使う場合のコツ

転職を理由にパートを辞めることに何も問題はありませんが、円満退職を目指すならおさえておきたいコツがあります。

例えばこれまでお世話になった会社への誠意の気持ちを示すことも大切です。

ぱとみ

ここではパ―トを辞める理由に転職を使う場合のコツについてご紹介します。

まずは丁寧に感謝を伝える

パートを辞めることを伝える時は、感謝の気持ちを添えると相手に良い印象を与えることができます。

「お世話になりました。ありがとうございました。」

「ご指導いただいたこと、とても感謝しています。」

実際には感謝を伝えるどころか、不満しかなくて辞めるということもあるとは思います。

しかしここはそんな気持ちはぐっとこらえて、スムーズに円満退職するために感謝の気持ちをあらわしつつ謙虚な姿勢で伝えるようにしましょう。

ぱとみ

丁寧な態度、感謝の気持ちが伝われば、相手も嫌な気持ちにはならないはず!不要なトラブルは予防していきましょう!

前向きな転職を理由にした退職の伝え方

実際に前向きな転職を理由にした言い方をご紹介します。

以前からずっとやりたかった職種への転職を考えておりまして、このたび新しい仕事が決まったので退職させていただきます。

率直に転職することを伝えるパターンです。

以前から考えていた、ずっとやりたかったと、今の仕事への不満ではなく自分のやりたい気持ちを伝えるのがポイント。

今の仕事ではそれが叶わないということが伝われば、納得もしてくれやすいです。

「どこに転職するの?」「どんな仕事をするの?」と、転職する理由や転職先を聞かれることがあるかもしれません。

理由を聞かれて困ることでないのであれば、話してしまっても問題ないでしょう。

ぱとみ

とはいえすべて正直に言う必要はないので、「やりたいことがありまして」でも十分ですよ。

正社員として働きたいと考えておりまして、このたび内定をいただいたので退職させていただきます。

パートから正社員への転職は、上司にも納得してもらいやすいのでおすすめです。

「◯◯になりたかった」「目指していた○○として働けることになった」というのは、夢を叶えたとても前向きな退職理由なので、会社も辞めざるを得ないことを納得しやすいでしょう。

ぱとみ

ステップアップするあなたの背中を、温かく押してもらえるような退職ができたら理想的ですよね。

これから資格をとって転職したいと考えておりまして、退職させていただきたいです。

転職先はまだ決まっていないけれど、資格をとって転職しようと思っているというのも前向きな退職理由になります。

「パートやりながら資格取得のための勉強時間を作るのは難しい」「資格取得のために学校に行く」といった、パートを辞めざるを得ない理由をはっきり伝えることがポイントです。

ぱとみ

応援しやすい退職理由なら、否定されにくくスムーズに退職しやすいってことなんですね!

パートを辞める理由に転職を使う場合の注意点

パートを辞める理由に転職を使う時は、なるべく前向きな言い方が良いという話をしてきました。

ここでは逆に「これはしない方が良い」という注意点について解説していきます。

ネガティブな転職理由を言わない

転職の理由に『給料が低い・人間関係の問題』など、会社に対する不満や批判を転職理由にするのはやめましょう。

ぱとみ

会社や上司にとって印象が悪くなりますし、余計なトラブルの元です。

ネガティブな理由が真実であっても、言い方を工夫することによってポジティブな内容に置き換えることもできますよ。

例えば「給料が低いから転職する」のではなく、「子どもの学費をしっかり稼ぐために転職する」の方が良い印象を与えられます。

「人間関係が悪いから転職する」のではなく、「新しい職場でチャレンジしたいことがあるので転職する」と言い換えるとまた印象が違いますよね。

実際に転職を理由に退職することを伝える時は、事前にどんな転職理由にするのかしっかり準備することをおすすめします。

改善案が出そうな転職理由を言わない

一般的にはどんな転職理由であれ、会社側は一度は引き留めしてくるものです。

私の体験なのですが、会社都合で職場が遠くなってしまうことを理由に退職することを伝えたら、勤務日数を調整するとか関連会社を紹介するとか色々引き留められましたから。

ぱとみ

これまで15分で通えたところを1時間以上かかる職場へ通うなんて無理なんだから、ここはすんなり退職を受理して欲しかったな!

ただ会社としても、なるべく有能な人材には会社に残ってほしいというのが本当のところ。

いろいろな策を提案して引き止めてくるのも仕方ありません。

なので最初からなるべく引き留められにくい、また改善案を出されにくい転職理由にしておくのがいいでしょう。

「給料が低いから転職する」と言ってしまうと、時給を上げるよと言われるかもしれませんし、「人間関係が悪いから転職する」なら改善しようとアクションを起こしてくるかもしれません。

転職してやりたいことがある、目指したい目標があると言われたら、今の職場では叶えることができない、つまり改善案はないということになるので引き留めづらくなります。

ぱとみ

先へ進むための前向きな転職理由が好ましいのは、会社や上司に対して良い印象を与えるだけでなく、引き留められづらいというメリットもあるからなんですね。

転職先について詳しく聞かれたときの対応法

「転職するので退職します」と言ったら、次の転職先は決まっているの?どんなところへ転職するの?と色々聞かれるかもしれませんね。

基本的には会社には、転職先について言う必要はありません。

ぱとみ

「ちょっと言いたくなくって…」と言葉を濁しちゃって大丈夫ですよ!

またあまりにしつこい場合は、「転職先との契約で、転職先のことをお伝えできないんです」という断り文句を伝えればそれ以上聞かれることもないはずです。

実際にそういった契約はないとしても、しつこく転職先をきかれた場合は「契約上お伝えできないんです」と切り抜けてしまいましょう。

転職先が同じ業種だったり、今後も仕事上で会う可能性がある場合の対応法

転職先が同じ業種であっても、職業選択の自由があるのでとくに問題はありません。

とはいえ、同じ業種の別会社にわざわざ転職するのは、上司や同僚に対して悪い印象を与えかねないので、言わない方が無難です。

ぱとみ

同じ仕事だったら辞めなくてよくない?って言われちゃいそうですもんね。

例え転職先が決まっていても、転職先については詳しく伝えずに退職してしまった方が穏便に辞めれますよね。

ただし、もし今後も仕事上で元同僚と会う可能性がある場合は、下手に隠すより正直に言ってしまった方が良いかもしれません。

例えば研修などで顔を合わす機会があったり、職場が近くて働いているところを見られる可能性が高いなら、あとあと見つかって気まずい思いをするより伝えてしまった方が気持ちが楽ですよね。

ぱとみ

転職後に元の職場の人と会っても気まずくならにように、引継ぎなどはしっかりと行うようにしましょう!

CHECK!

  • 退職を伝えて気まずくなるのが嫌だ…
  • 会社がなかなか認めてくれない…
  • 引き止められても言い返す気力もない…

そんな時は退職代行を使うのもありだと思います。

ぱとみ

私は退職代行でパートを辞めました!

依頼すれば早ければ即日退職できますし、もう2度と会社へ行くことも嫌な上司と顔を合わす必要もありません。

パートだからこそ2万円以下と安く利用できる退職代行もあるので、もう限界でパートに行きたくない…と悩むなら考えてみてもいいと思います。

ぱとみが退職代行を使った体験談を読む

転職は前向きな退職理由なのでむしろOK

パートを辞める理由に転職を使うのは、前向きな理由なのでむしろオススメということをお伝えしてきました。

退職することを伝えるのって緊張するし、言い方次第でスムーズに退職できるかどうかが変わってくるので気も使いますよね。

転職を理由にした、円満退職につながる伝え方のコツをまとめてみたので、チェックしてみてくださいね。

  • 謙虚な態度で丁寧に感謝を伝える
  • 前向きな転職理由を伝える
  • ネガティブな退職理由は伝えず、必要であれば臨機応変に言葉を変える

退職を切り出す前にどう伝えるか事前に準備しておくと、心に余裕ができってきっとうまくいきますよ!

転職を理由に退職することが言いづらいと思っている人の参考になれば幸いです。

パートにおすすめの退職代行ランキング

詳しいランキングはこちら>>パートにおすすめ退職代行ランキング10選!

退職代行診断

ぱとみ

質問に答えるだけで、今のあなたにピッタリな退職代行がわかりますよ!

★退職代行診断★
退職代行を使う理由は?
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる