退職代行でパートを辞めた体験談はこちら>>CLICK!

退職届を郵送してバックレるのはあり?危険性や即日退職できる安全な方法を紹介

すぐに仕事を辞めたい時、退職届を郵送してバックレようと思う人もいるはず。

ただバックレるよりは、会社に退職の意思が伝わるので良さそうですよね。

ぱとみ

退職届を出せば、ばっくれでも会社は納得してくれるのかな?

結論から言うとバックレはデメリットがあるので、おすすめはできません。

このページでは、退職届を郵送して辞めるメリット・デメリットやバックレの危険性を紹介します。

またバックレる以外で、即日退職できる安全な方法も書いているので参考にしてくださいね。

仕事をすぐに辞めたい人や、バックレようと考えている人の役に立てば嬉しいです。

目次

退職届を郵送してバックレるのはあり?

退職届を出して辞める方が、ただバックレるよりも「辞めたい意思」が伝わるし確実な気がしますよね。

ただアリかナシかでいうと、バックレ自体デメリットがあるのでおすすめはできません。

ですが退職届を出すことで、どんな効果があるのか気になる人もいるはず。

ぱとみ

退職届を出す目的を紹介しますね。

退職届を出す目的

退職届を出す目的は、会社に辞める意思を伝えるためです。

何も言わずにバックレた場合、会社は「辞めたのか」「休んだのか」判断がつきません。

突然来なくなったと思ったら、数日後にひょっこり出勤する人もいるため、会社もすぐに「辞めたんだな」と判断はできないんですよね。

そのため電話したり、家まで訪問して確認する会社は多いです。

また辞めたかどうかわからないと離職票や源泉徴収票を出してくれないので、それを回避するために退職届を郵送します。

ぱとみ

退職届を出した方が良いのは分かったけど、これは義務なの?

実は退職届を出すかどうかは、法律上で義務付けられてはいません

退職の意思表示をすれば、一定期間が経過した後に退職できるとなっていますよ。

ただバックレは急に辞めることを指すので、退職の意思表示ができませんよね。

そのため退職届=意思表示になります。

一方的な意思表示が認められるかは会社次第ですが、自分の意思は伝えられるということですね。

退職届を郵送するバックレと普通のバックレの違い

退職届を郵送でも提出することで意思表示ができますが、普通のバックレとどういう違いがあるのでしょうか。

ここでは退職届を郵送するバックレと、何も出さずに辞めるバックレの違いを紹介します。

ぱとみ

同じバックレでも何が違うのか、知っておこう。

退職届ありのバックレの流れ

まず、退職届を郵送してバックレる時の大まかな流れを紹介します。

STEP
退職届を作成して郵送する
STEP
当日の朝バックレる
STEP
退職届が受理される
STEP
離職票・源泉徴収票が家に届く

退職届を郵送することで、手続きがスムーズに進む可能性があります。

前章でも書いたように、退職届によって「辞めたんだな」と会社側が判断できるため、処理が早いんですよね。

郵送する上で気を付けたいポイントは、次の勤務日までに届いているように送ること。

バックレてから退職届が届いた場合は、ただのバックレと同じになってしまうため要注意です。

ぱとみ

ぴったりじゃなくても、バックレたい前日までに届いていればOK。

またバックレるからと言って、適当な退職届を出すのはNGですよ。

適当に書くと会社側で受理されず、返されてしまう可能性もあります。

一般的な書き方や封筒など準備して、ちゃんとしたものを郵送してくださいね。

退職届を郵送する時のポイントもあります。

ポイント

  • 内容証明郵便で郵送すること
  • 直属の上司か人事部に送ること
  • 備品や保険証を同封すること
  • 「私物について」「離職票について」の希望を書いておくこと

内容証明郵便で送る事で「いつ」「誰が」「誰に」「どういう内容」の郵便を送ったかが記録が残ります。

つまり退職届を出したのに、相手が「受け取っていない」と言う可能性をなくすことができるんです。

ぱとみ

送った・受け取ってないの水掛け論になるのを避けることができますね。

また基本的に直属の上司に送るのがマナーですが、関係性により心配な人は人事部に送る方がスムーズです。

さらに「備品や保険証を同封する」「自分の希望を書いておく」ことによって、会社からの確認電話の可能性を減らせるのでおすすめ。

「会社に置いている私物は捨てて良いのか」「離職票はこの住所に送ってほしい」など、詳細に書いておくと後で自分も不安になりませんよね。

上記のように退職届を郵送してバックレると、書類を準備したり手間はかかるものの手続きがスムーズに進むことが分かります。

ただ、これは会社によって変わってくることをお忘れなく。

ぱとみ

あくまでもバックレているので、すぐに手続きされない可能性もありますよ。

退職届と退職願の違いや、準備する物・詳しい書き方の説明は別記事にまとめています。

退職届の書き方が分からない人は、こちらも参考にしてくださいね。

パートを辞めるなら退職届や退職願は必要?いらない?どっちを書けばいい?

退職届なしのバックレの流れ

退職届を郵送せずにバックレる場合、特に手順などはありません。

用意する物もないため手間は一切かかりませんが、会社側で辞めたか判断できないため困ることは多いです。

電話確認や訪問、離職票や源泉徴収票など必要な書類がすぐにもらえないことが考えられますね。

ぱとみ

何もしなくていい代わりに、デメリットが大きすぎる……

自分にとって困ることも多いですが、会社にかける迷惑も大きいのが通常のバックレの特徴でもあります。

というのも、辞めたかどうかわからない状況では求人が出せないため、少ない人数で業務を回さなければなりません。

急に辞められた会社の損害も大きいため、最悪の場合は賠償請求される可能性もあります。

退職届を郵送しないバックレは、自分にとっても会社にとってもデメリットが多い辞め方です。

退職届を郵送するバックレのメリット・デメリット

ここまでで「バックレるなら退職届を出した方がいいな」と思った人も多いはず。

確かに通常のバックレと比べたらメリットも多いのですが、もちろんデメリットもあります。

ぱとみ

所詮バックレはバックレだからね……

ここでは、退職届を郵送してバックレるメリットとデメリットを詳しく紹介しますね。

退職届を郵送するメリット

まずは、退職届を郵送してバックレるメリットを紹介します。

  • 退職届を出すことで意思表示ができる
  • 上司と顔を合わせずに済む
  • 即日退職できる

何度も書いていますが、退職届を出すことで「辞めたい意思が伝わる」ため手続きがスムーズに進みます。

ぱとみ

これが1番の目的であり、最大のメリットですね。

また郵送するので、上司と顔を合わせることも話すこともなく辞める事ができます。

さらには辞めたい日にバックレるので、すぐに辞められることがメリットですよ。

誰にも会わずに、当日すぐ辞めたい人にとっては良いことが多いですよね。

退職届を郵送するデメリット

続いて、デメリットを紹介します。

  • 有給消化が難しい
  • 退職金や残業代が受け取れない
  • 離職票や源泉徴収票が受け取れない

退職届を郵送すると辞めたい気持ちは伝わりますが、一方的なものなので交渉事ができません。

例えば労働者の権利である有給消化や、退職金や未払いの残業代など本来できる権利が主張できないってこと。

また退職届を郵送したとしても、会社によってはすぐに離職票などの書類を出してくれない場合もありますよ。

理解がある会社ならこちらの有利に働くことがありますが、もちろん逆もありえます。

ぱとみ

上手くいけばメリットがあるけど、いかなければ普通のバックレと同じってことですね。

わざと書類を送ってくれない会社もあることは、覚悟しておきましょう。

バックレで退職する危険性

バックレて退職すると、どんな危険性があるのでしょうか。

ここでは、バックレることで起こりうるトラブルを紹介しますね。

ぱとみ

結構面倒くさいことが起こります……

会社から電話・訪問があるかも

突然会社を辞めると、何度も電話がかかってきたり家まで確認に来る可能性があります。

前項で書いたような確認の意味もありますが、純粋に心配している場合もあるんですよ。

例えば、あなたが一人暮らしだったら「もしかしたら倒れているのでは?」と心配になりますよね。

自分が逆の立場だったとして、同僚がいきなり来なくなったら心配して連絡するはずです。

電話に出ないとさらに不安になって、自宅まで確認にくるかもしれません。

ぱとみ

電話や家のチャイムが鳴って無視するのはツライなぁ。

そして電話や訪問をずっと無視し続けた場合は、緊急連絡先に電話されることもありますよ。

緊急連絡先が実家の場合は、両親に仕事をバックレたことが知られてしまうってことですね。

バックレると「電話や訪問を無視しなければならない」「親に知られる」危険性が高いです。

退職後の書類が受け取れないかも

バックレると、離職票や源泉徴収票の受け取りが遅くなるかもしれません。

会社も休んだのか辞めたのか分からないため、処理が進められないんですよね。

もし退職手続きを進めてただの無断欠勤だったら、社内の仕事が増えてしまうため「本人からアクションがあるまで後回しにしておこう」となる可能性は高いです。

ぱとみ

会社が忙しい繁忙期ならなおさら後回しにされそう。

ちなみに、退職後必要になる書類は主に2つあります。

  • 離職票⇒失業保険を受け取る時に必要
  • 源泉徴収票⇒転職先に提出するために必要

特に離職票は辞めてすぐに必要になるので、貯金がない人やすぐに失業手当の手続きをしたい人にとってはかなりのデメリットです。

急いで書類を発行してほしい人はバックレにより、不利になることを覚えておきましょう。

有給消化ができないかも

通常仕事を辞める時は、残っている有給を利用して辞める事が多いですよね。

けれどバックレると会社と交渉ができないため、有給消化ができませんよ。

ぱとみ

一方的に辞めておいて、有給も欲しいって言いにくいよね。

仮に交渉しようとしても、会社ときまずい状況なので思い通りに進まないと思っておくべき。

有給をもらう事は労働者の権利ですが、バックレることにより正当な権利が主張できないデメリットがありますね。

絶対有給を使い切りたい人は、在籍中に使っておいた方がよいですよ。

損害賠償請求されるかも

実は法律では従業員の故意や過失で会社が損害を被った場合、損害賠償を請求できることになっているんです。

不法行為による損害賠償

第七百九条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

引用:e-Gov法令検索
ぱとみ

雇用関係は関係なく、パートやアルバイトも同じです。

とはいえ「実際に訴えられるなんてことないでしょ?」と思う人も多いはず。

確かに可能性はゼロに近いけど、実際に訴えられたケースもあるので、絶対に大丈夫なんて確証はどこにもないんですよね。

もし損害賠償請求をされたら、次の転職にも影響があるし裁判になったら転職活動どころではありません。

確率は低くても、可能性があるなら辞めておいた方が安全ですね。

実際にパートが損害賠償請求されたケースや、詳しい説明は別の記事に書いてます。

こちらの記事も参考にしてくださいね。

パートを突然辞めると損害賠償を請求される?無断欠勤やばっくれたまま退職する時は?

退職届を郵送してバックレる以外で即日退職する方法

退職届を郵送してバックレると、普通にバックレるよりもメリットがあります。

けれど何度も言うように、会社によって対応が違うしトラブルも多いのでおすすめできないんですよね。

ぱとみ

じゃあ即日で辞めたい人はどうすれば良いの?

ここでは退職届を郵送してバックレる以外で、安全に即日退職できる方法を紹介しますね。

電話やメールで連絡する

直接言いたくない人は、電話やメールで退職を伝えるのがおすすめですよ。

通常面と向かって退職を伝えるのがマナーですが、バックレるよりは当日電話やメールでも伝える方が全然マシ。

ぱとみ

一応筋は通せそうだよね。

電話やメールで伝えることで、こんなメリットがあります。

  • 退職の意思を伝えられる
  • 交渉できる

メールなら時間をおいて返事を考えられるし、こちらの感情が伝わることもないため緊張する人も言いやすいですよね。

もちろん電話だと引き止められたり、色々言われる可能性も高いです。

けれど入社して間もない立場だと引き止められることも少ないため、入社して日が浅い人はバックレより電話やメールがおすすめですよ。

親や配偶者に代わりに伝えてもらう

自分で言えないなら、親や配偶者に代わりに言ってもらうのも一つの手です。

「体調不良で本人が連絡できないので」と言ってもらえば、そこまで不自然ではなく会社も納得してくれそうですよね。

特に親や夫だと会社側も強く出づらいため、退職の手続きが進む可能性がありますよ。

ただ自分に落ち度がある場合は、会社から家族に苦情を言われることがあるので要注意。

ぱとみ

会社が家族を言いくるめちゃうかも……。

また「自分で言えないなんて甘えている」など社内での評判は低くなる可能性も高いですよね。

さらに「本人でないと手続きが進められない」など言われて、結局は自分で電話しなければならないことがあるかもしれません。

「本人でないと認められない」「自立できていないと思われる」可能性はあるものの、自分で言わずに辞められる方法です。

親や配偶者に頼める環境なら、バックレる前にお願いしてみてはいかがでしょうか。

退職代行を利用する

「家族や友人には知られたくない」けれど、自分でも言いたくない人は退職代行がおすすめです。

業者に頼むのでお金はかかりますが、メリットは多いです。

  • 専門のプロなので上手に進めてくれる
  • 書類をすぐ発行するように伝えてくれる
  • 有給消化の交渉もしてくれる

親や配偶者に代わりに伝えてもらった時「本人でないとダメ」と言われて、対応できる人はほとんどいません。

ぱとみ

親に交渉してもらうのは難しいし、申し訳ない……

その点退職代行は専門業者なので、もし会社から拒否されても手続きを進めてくれることが多いです。

また自分では言いにくい書類の発行や、有給消化の交渉をしてくれるため損したくない人にはうってつけ。

実は私は退職代行を利用しているんですが、辞めたいと言っても辞めさせてくれない状況だったんですよね。

ぱとみ

やりたくない仕事を押し付けられていたので、バックレも頭をよぎりました。

けれど書類を受け取れないデメリットや、会社からの電話連絡が嫌だったので退職代行を選んだんです。

結果的に会社に行かずに辞められたし、有給消化もできて納得いく退職ができましたよ。

しかもアフターフォローが手厚い退職代行を選んだので書類もすぐ受け取れたし、本当に助かりました。

「会社から連絡があったらどうしよう」「書類が受け取れなかったらどうしよう」などの精神的不安がないので、気持ちも楽なんですよね。

ぱとみ

ばっくれを考えているなら、退職代行の方が全然良いです。

私の体験談は別記事でまとめています。 

やり取りのLINEや流れなどくわしく載せているので、こちらも参考にしてくださいね。

【実録】退職代行Jobsでパートをやめたリアル体験談!

退職届を郵送してバックレるより退職代行を利用した方が安全

即日で会社を辞めたい時、退職届を郵送してバックレたら良いのでは?と考えがよぎりますよね。

退職届を出すことでメリットもあるけど、所詮バックレはバックレです。

ぱとみ

有給消化ができない、書類が受け取れないなどのデメリットが多いんです。

できるなら電話やメールで連絡したり、親や配偶者に頼むなどした方がよいですが、それができないなら退職代行がおすすめ。

お金はかかるけど、プロなので安心して任せられるし、退職後のトラブルの心配もありません。

バックレは簡単だけど困ることも多いので、なるべく自分にとって有利に働く選択をしてくださいね。

「退職届を郵送してバックレってあり?」「即日で辞めたいけど、良い方法はないかな」と悩んでいる人の役に立てれば嬉しいです。

パートにおすすめの退職代行ランキング

詳しいランキングはこちら>>パートにおすすめ退職代行ランキング10選!

退職代行診断

ぱとみ

質問に答えるだけで、今のあなたにピッタリな退職代行がわかりますよ!

★退職代行診断★
退職代行を使う理由は?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる