退職代行でパートを辞めた体験談はこちら>>CLICK!

パートを今すぐ辞めたい!辞め方や納得してもらえる退職理由など徹底解説

パートを今すぐ辞めたい!と思う時、悩むのが辞め方や伝え方です。

通常は辞めたいと伝えてから辞められるまでに、1ヶ月や2週間程度かかるのが一般的。

けれど我慢の限界を感じて、すぐ辞めたくなることもありますよね。

ぱとみ

即日で辞めたい時ってみんなどうしているんだろう?

この記事ではパートを今すぐ辞めたい場合の辞め方や、納得してもらえる退職理由などをまとめています。

またスムーズな退職をするための注意点も紹介しているので、参考にしてくださいね。

「パートをすぐに辞めたいけどどうしたら良いのかな?」と調べている人の参考になれば嬉しいです。

目次

今すぐ辞めたい!パートはすぐ辞められる?

「今すぐパートを辞めたい!」と思っても、そもそもパートを即日で辞められるか疑問ですよね。

結論から言うと、会社の合意があればパートは即日でも辞めることができますよ。

けれど合意がなければ当然辞められませんし、反対された場合は辞めれる時期も変わってきます。

ぱとみ

詳しく説明していきますね。

会社の合意があればすぐに退職もOK

最初にも書いた通り、会社の合意があればすぐにでもパートを辞めることができます。

通常は2週間~1か月前に会社に申し出をしておかないと、辞めれないイメージがありますよね。

「次の人の募集や引継ぎを考えると1ヶ月前には伝えた方が良いのかな…」と思いますが、会社が「辞めていいですよ」と認めれば、その日にでも退職することができるんです。

ただし問題は、会社が認めてくれるかどうか…ということ。

そのため会社が認めてくれるような「退職理由」や、すぐに辞めても迷惑がかからない「準備」が肝になりそうですね。

ぱとみ

「退職理由」と「すぐ辞める時の準備など注意点」は下で紹介していますよ。

期間の定めがない契約は2週間

上記で紹介したように、会社の合意があれば即日でもパートは辞められます。

けれどもし会社が認めない場合は、下記のようになります。

  • 雇用期間に定めがない契約の場合は、2週間前に伝えれば退職できる
  • 雇用期間がある契約の場合は、期間満了まで退職できない(やむを得ない理由がある場合は退職できる)
  • 就業規則や雇用契約書に「○ヶ月までに退職を伝えること」など記載があった場合、原則としてそれまでに届け出ないといけない

自分の契約に雇用期間がない場合は、2週間前までに退職を伝えることで辞めることができますよ。

逆に雇用期間が定められている契約は、その期間が終了するまでは退職することができません。

けれどこの場合も「絶対にその期間は働き続けなればいけない」というわけではなく、やむを得ない理由があれば期間中でも退職することができます。

ぱとみ

ちょっと難しい…。
つまり会社が納得してくれる理由を用意すれば、即日退職できる可能性があるってことですね。

即日退職を認めてもらうということが1番の近道なのですが、念のため自分の契約に雇用期間があるのか確認しておいた方が良さそうです。

パートはいつまでに退職を伝えたら辞められるのか、法律も踏まえて説明した記事も書いています。

こちらも合わせて読んでくださいね。

【保存版】パートを辞めると言うタイミングは退職の何日前?法律で2週間前って本当?

すぐに辞めたい時のパートの辞め方

会社の合意さえあれば、パートは即日で辞められることが分かりました。

ここからは、パートを「今すぐ辞めたい」と思った時の具体的な辞め方を紹介しますね。

ぱとみ

今すぐ辞めたい人は参考にしてください。

悩むより行動する

「今すぐ辞めたい」と思うなら、とにかく悩むより行動することが大切です。

「え、当たり前じゃない?」って思う方もいるかもしれませんが、「パートを辞めたい」と思っていても行動できない人って意外に多いんですよね。

「絶対引き留められるよね」「話し合いになったら面倒」「理由を根ほり葉ほり聞かれるのかな」なんて考えると、一歩踏み出せない気持ちも分かります。

ぱとみ

何ヶ月・何年と働いてきた会社を今すぐ辞めるって、勇気がいる事ですもんね。

また「辞めた後の仕事どうしよう」など、今後の事が気になって行動できない人もいるかも。

けれど「今すぐ辞めたい」状態って、かなり危険信号が出ている状態ですよね。

このまま働き続けてもうつ病になるかもしれないし、プライベートにまで影響してしまうかも…。

だから自分の体を優先するためにも、やっぱり行動することが大切なんです。

ただ行き当たりばったりで進めても、会社から引き止められる可能性も高いためしっかり計画してから行動してくださいね。

ぱとみ

引き止められないために「退職理由」を考えたり、マニュアルを作ったり準備しましょう。

電話で伝える

今すぐ辞めたい時はまず行動することが大切…なんですが「退職を言い出せないから困っている」という人も多いはず。

「辞めると言えたらそもそも悩んでいない」って話ですよね。

確かに【上司を呼び出す⇒話をする】という一連の流れが嫌なのも分かります。

面と向かって退職を言い出せないならまず、電話でアポを取ることから始めましょう。

ぱとみ

その日に上司を呼び出して伝えるとなると、緊張して何を言ってよいか分からなくなりますもんね。

けれど事前に「お話があるのでお時間いただけませんか?」とアポを取っておけば、それまでに気持ちの整理をつけることができます。

また電話で事前にアポを取ることで、上司もなんとなく意図をくんでくれるため退職を言いやすい状況を作ることができるんですよ。

もしかしたら電話でアポを取った時、上司から「何?今言ってもいいよ」と言われるかもしれません。

その場合は電話で退職を打ち明けてOK!

ぱとみ

通常は対面で言うことがマナーですが、上司が良いというならその場で伝えてしまいましょう。

電話の方が気が楽なので、その場で聞かれることを期待してまずアポを取っても良いかも。

そして念のためその場で聞かれた時のために、「退職理由」や「伝えたいこと」などをメモにして手元に持っておくと良いですよ。

電話で退職を伝えるのはOKなのか?電話での伝え方を詳しく解説した記事もありますよ。

こちらも参考にしてくださいね。

パート退職時に辞めると口頭で言うのはあり?電話やメールは非常識?パターン別例文も

退職代行を利用する

今すぐ辞めたい時「どうしても自分で言い出せない、でもすぐ辞めたい」という人は、第三者に伝えてもらうのも1つの手段ですよ。

実際に私もパートをすぐに辞めたかったけど、なかなか言い出せずに悩んでいる1人でした。

ぱとみ

言いたいけど言い出せない…そんな状態で何日も悩んでいました。

けれど旦那にお願いしたり、親にお願いするっていうのはちょっと…と思っちゃいますよね。

そんな時初めて知った退職代行を使って、代わりに退職の意思を伝えてもらい無事に翌日退職することができたんです。

「あんなに悩んでいたのは一体なんだったの?」というくらい、あっという間に簡単にパートを辞めることができました。

ぱとみ

悩んでいるならもっと早く利用すればよかったと本当に思いました。

退職代行を使うメリットは、代わりに退職を伝えてくれるということだけでなく、書類の請求や会社から電話があった場合も対応してくれること

自分で行動した時って緊張して書類の事を伝え忘れたりするし、ちゃんと段取りを踏めない可能性もありますよね。

けれど退職代行ならそういった書類の請求もしっかりしてくれて、退職後会社から電話があっても代わり要件を聞いてもらえるんです。

ぱとみ

退職から退職後のことまでお任せできるのが、退職代行の良いところです!

それに何より、もう辞めたい!と思ったら、次の日からパートへ行かなくてもいいんです。

通常なら退職を伝えてからも、気まずい雰囲気の中退職日まで仕事をしなければいけないところを、翌日からもうきれいすっぱり辞めれるなんて、まさに最高ですよね。

もちろんお金はかかるからお気軽にとは言えませんが、即日でパートが辞められるし何よりストレスがかからないから価値はあると思ってます。

ぱとみ

私も退職代行がなかったらきっと悩んでウジウジしていたはず。本当に使って良かったです!

私が実際に退職代行を利用して、辞めた体験談も書いています。

実際にやり取りしたLINE画面など、詳しく載せているので興味がある人はどうぞ。

私が利用した退職代行の体験談

パートが退職代行を使って得られるメリットやデメリットや、選び方を紹介した記事もあります。

こちらも参考にしてくださいね。

パートでも退職代行で辞めれる?メリットデメリットとおすすめの選び方

また、実際に退職代行を利用した私が選んだ『退職代行ランキング10選』も書いています。

パート目線で、厳選したランキングなので参考にしてください。

パートにおすすめ退職代行ランキング10選!選び方のポイントや実際に利用したサービスは?

今すぐ辞めたいパートの退職理由

ここからは、今すぐ辞めたいパートで使える退職理由を紹介します。

パートをすぐ辞めるためには、会社の合意が必要ですよね。

そのためには会社が『納得してくれる・引き止められない』理由を伝える必要がありますよ。

ぱとみ

会社が納得する3つの退職理由を紹介しますね。

体調不良

まず自分の体調不良は、会社も引き止められず納得してもらえる退職理由です。

ポイントは「緊急性の高い体調不良」を伝えること。

例えば、以下のようなものが良いですよ。

  • 腰痛がひどくて長時間立っていられない(座っていられない)
  • めまいがひどくて家事もままならない
  • 慢性的な胃痛で仕事ができない

腰痛でもヘルニアやぎっくり腰など、緊急性の高いものや回復に時間がかかるものは今すぐ辞めたい理由におすすめです。

また「めまい」というと軽く聞こえるかもしれませんが、慢性的なものは家事もままならない程ひどいものもあるんですよね。

ぱとみ

パートの同僚にも、めまいがひどくて立っていられないから…と辞めた方がいます。

会社も働けない状態の方を無理に働かせられないですし、出勤しても仕事にならないのであればしょうがないと思ってもらえますよ。

注意したいのは、一時的な体調不良を理由にして「今すぐ辞めたい」と伝えること。

例えば風邪など一時的なものは、どちらかというと休む理由で辞める理由になりませんよね。

今すぐパートを辞めたい場合には、緊急性が高く出勤することが難しい体調不良を理由にしましょう。

家庭の事情

家庭の事情もまた「今すぐパートを辞めたい」時におすすめの退職理由です。

結婚していて子供がいる人なら、子供や夫の事情事情でパートに出勤できないことも実際にありますよね。

例えば以下のようなものです。

  • 子供の体調不良で看病が必要
  • 夫が病気してしまい付き添いや通院の送り迎えが必要
  • 夫の長期出張で家を空けられない

子供や夫の体調不良も自分の体調不良と同じく、緊急性が高いものを伝えると良いですよ。

自分以外の体調不調は看病が必要だし、病気によっては長期的に家にいることが必要になりますよね。

また夫の長期出張により1人で育児をしないといけない…など、病気でなくとも今すぐ退職する理由にはなります。

ぱとみ

小さい子供を家に一人にできない!

もし家庭の事情を嘘をつく場合は、ママ友や近所の人が職場にいないか注意しましょう。

子供や夫の事情で即日退職して、次の日ママ友と公園で会ったりスーパーで会ったりすると気まずいですよね。

それっきりの関係なら良いですが、今後も関わっていく人に「嘘つき」というレッテルを貼られる可能性があるので要注意ですよ。

また普段から職場の人に子供や夫の話をしている場合は、その話と矛盾点がないか考えて話しましょうね。

家庭の事情を退職理由にする場合の例や注意点を、もっと詳しく紹介した記事もありますよ。

こちらも参考にしてくださいね。

パートを辞める理由に子供や旦那はあり?家庭の事情で貫くことはできる?

身内の介護

身内の介護も、今すぐ辞めたいパートの退職理由におすすめです。

「体調不良」や「家庭の事情」と同じく、緊急性が高いことを理由にする必要があります。

例えば以下のようなものです。

  • 両親の体調が悪いので実家と行き来が必要になった
  • 今まで面倒を見ていた人がいなくなり代わりが必要になった

ただでさえ介護と自分の生活の両立は大変ですし、それが遠方の実家ならなおさらです。

そのため会社も問い詰めたり、引き止めはしないはず。

会社の反応が心配な人は「自分しか面倒を見れる人がいない」ということを、強調しましょう。

例えば普段の会話の中で兄弟が近くに住んでいるとか、親戚が多いとか話をしていると「他の人に頼めないの?」と思われるかもしれませんよね。

ぱとみ

「自分しか介護ができる人がいない」ことをまず伝えて、予防線を張っておきましょう。

そして「食事や買い出しで行き来する必要があるためパートと両立できない」「明日も通院の付き添いが必要」などすぐに働けない状態にあることを伝えれば大丈夫。

「急な呼び出しがあるため迷惑をかけられない」という言い方をすれば、会社も納得してくれますし引き止められないので安心ですよ。

介護を退職理由にする際どんな言い方がベストか、気を付ける点など詳しくまとめている記事もあります。

こちらも読んでくださいね。

パートを辞める理由に子供や旦那はあり?家庭の事情で貫くことはできる?

パートを今すぐ辞めたい時の注意点

ここまでは、今すぐ辞めたいパートの辞め方や退職理由を紹介してきました。

ここからは、パートを今すぐ辞めたい人が見逃がしがちなポイントを紹介します。

すぐ辞めることに集中しすぎて自分勝手な行動をすると、会社はもちろん自分の首を絞めることにもつながります

ぱとみ

下記の注意点を忘れずに覚えておきましょう!

引継ぎをしっかりする

すぐに辞める場合でも、引継ぎはしっかりしておきましょう。

たとえ会社が納得してくれたとしても、今すぐ辞めて迷惑が掛かる人はいるはずなんですよね。

例えば同僚や先輩など、一緒に働く人に少なからず影響はあるはず

パートが1人辞めても回るのが会社ですが、できるだけ影響がでないように去ることがマナーですよ。

ぱとみ

立つ鳥跡を濁さずですね!

すぐ辞める場合対面で引継ぎすることは難しいため、マニュアルを作って残しておくのがおすすめです。

マニュアルは、以下のポイントを押さえて作成しましょう。

  • 誰が見ても分かりやすいように作る
  • 書類の保管場所やファイルの保存場所も記載しておく
  • 分からない時は誰に確認すべきかも記載しておく

辞める前に作っておき、退職を伝える際に上司にマニュアルがあることを伝えると良いですよ。

マニュアルを作ることは同僚や先輩に迷惑をかけないということはもちろん、引き止めを回避することにもつながります

例えばすぐに辞めたいと言った時、会社に「引継ぎをやってくれないと困るよ」と言われるかもしれませんよね。

ぱとみ

「もうマニュアルを作って準備してあります!」と言えたら、引き止めを回避できますね!

会社の同僚や先輩のため、そして自分のためにも引継ぎが必要な人はマニュアルを作っておくことをおすすめします。

謝罪と感謝をしっかり伝える

そして今すぐ辞めたい気持ちを伝えることに必死になって、謝罪と感謝を伝え忘れることもNGです。

自分の辞めたい気持ちばかりを押し出し過ぎては、上司の心証も良くありませんよね。

今すぐ辞めたいのは「人間関係が辛い」「仕事内容が合わない」「パワハラを受けている」など限界を感じているからだと思います。

ぱとみ

会社に感謝することなんてない!と思う人もいるかも…。

けれど沢山の応募者の中から自分を選んでくれたことには間違いありませんし、色々なことを教えてくれたことも事実ですよね。

そして、急に辞めて迷惑をかけてしまうことも事実…。

まずはマナーとして感謝と謝罪の気持ちをしっかりと伝えた上で、今すぐ辞めたい理由を伝えましょう。

その2つを伝えることで、話を聞く上司の心構えもだいぶ変わってくるし納得してくれる確率も高くなりますよ。

やっぱり自分の気持ちだけを伝えようとする人より、しっかり周りの人にも感謝できる人の言葉を聞いてあげようと思いますよね。

ぱとみ

マナー的な意味合いもありますが最終的に自分のためになるため、必ず謝罪と感謝を伝えてくださいね。

ばっくれはNG

会社に退職を伝えること自体がプレッシャーだし、もう出勤したくないから「無断欠勤のままばっくれよう」と思う人もいるかもしれませんね。

けれど、ばっくれは常識的にも自分のためにも絶対NGです。

ほとんどないこととは言え、ばっくれは損害賠償の請求をされる可能性もあるんですよ。

さらにばっくれで辞めてしまうと離職票や源泉徴収票など、仕事を辞めた後に必要な書類を受け取れないデメリットもあります

ぱとみ

ばっくれして「離職票をください」なんて電話するのは、かなりの勇気が必要ですよね。

また電話をした際に「制服を返しにきて」など、会社に来るように言われるかもしれません。

そして当たり前ですが、ばっくれすると会社にかなり迷惑がかかります。

というのもばっくれって会社からすると「辞めたのか休んでいるのか」判断がつかない状況なんです。

辞めたと思っていた人がひょっこり出勤することもあるため、本人の確認なしに退職手続きを進めることはなかなかできません。

ぱとみ

人員を増やしたいのに、手続きを進められないってキツイですよね。

辞めることは勇気がいるし気がひけるのも分かりますが、ばっくれはそれ以上に迷惑がかかるので絶対に辞めましょうね。

もし「言う勇気がないからばっくれる」ということなら、退職代行を使った方が絶対に良いと思いますよ。

退職代行は自分で退職を伝える必要はありませんし、離職票などの書類もしっかり受け取れます。

もし会社から電話があっても代わりに対応してくれる退職代行もあるため、とにかく会社と関わりたくない人も安心なんです。

ぱとみ

退職は伝えているので、会社もすぐに次の人の募集をすることができます!

お金はかかりますが、万が一損害賠償を請求された時に比べると断然安く済むし、後々のストレスがあるかないかでは全然違いますよ。

ばっくれをしようとしている人は、どちらが最終的に良い方向に進むのか考えてみてくださいね。

ばっくれは損害賠償請求されるのか、具体的な例も紹介している記事もあります。

パートを突然辞めると損害賠償を請求される?無断欠勤やばっくれたまま退職する時は?

今すぐ辞めたいパートは会社が合意すれば即日退職も可能!

今すぐパートを辞めたいと思った時、会社が同意すればすぐに退職することができますよ。

そのためには、会社が納得するような理由が必要です。

  • 体調不良
  • 家庭の事情
  • 身内の介護

どれも緊急性が高くて、パートを続けられないという理由を伝えましょう。

上司に話しかけること自体が難しい人は電話でアポを取ったり、退職代行を使うなど第三者に頼むことも1つの手ですよ。

パートをすぐに辞めるともちろん沢山の迷惑をかけることになりますが、まずは自分を第一に。

ぱとみ

次の職場で挽回すれば大丈夫!

自分で伝える際はマニュアル作成や感謝と謝罪を忘れずにして、スムーズな退職をしてくださいね。

「パートを今すぐ辞めたいけどどうしたらいい?」「パートをすぐ辞める時の辞め方はどんなものがある?」と調べている人の参考になれば嬉しいです。

パートにおすすめの退職代行ランキング

詳しいランキングはこちら>>パートにおすすめ退職代行ランキング10選!

退職代行診断

ぱとみ

質問に答えるだけで、今のあなたにピッタリな退職代行がわかりますよ!

★退職代行診断★
退職代行を使う理由は?
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる