退職代行でパートを辞めた体験談はこちら>>CLICK!

パートを辞める勇気が出ない人へ!決心がつく考え方と具体的な解決案

パートが嫌だと思ってもなかなか辞める勇気がでない、決心がつかないという人も多いのでは。

『人手不足だから辞めにくい』『退職を伝えてもめるのが怖い』『次の転職先が見つかるか不安』など、辞めると伝えた後や退職後のことが不安で一歩踏み出せないのも分かります。

ぱとみ

真面目な人ほど色々考えてしまうのかもしれません…。

ですが、人生は1度きり。

悩んで時間を消費するより勇気を出して一歩進めば、次はもっと良いパート先にめぐり合うかもしれませんよ。

今回はパートを辞める勇気が出ない時に考えるべきことや、勇気を出すコツ・辞めるべき兆候を紹介していきます。

また最後には決心はついたけどなんて伝えるべきか分からないと悩む人に、おすすめのパートの退職理由も書いていますよ。

パートを辞める勇気が出ない、決心がつかない人は参考にしてくださいね。

目次

パートを辞める勇気が出ない時の考え方

パートを辞める勇気が出ない時は、1度頭の中を整理してみるのがおすすめですよ。

『なぜパートを辞めたいのか』『なぜ辞めれないのか』考えて、最終的にそれでいいのか?後悔しないのか?と判断すれば答えも出るはずです。

ここからは、パートを辞める勇気が出ない時の考え方を紹介します。

ぱとみ

会社や他人のことは一旦置いておいて、自分中心で考えてみてくださいね。

パート先は1つではない

まずはパートで務められる会社は1つではない、ということ。

『この会社を辞めたら雇ってくれる所はないかも』とか『これ以上に良い条件のパートはないかも』と思いがちですが、そんなことはないんですよ。

世の中には数えきれないほどの会社がありますし、私たちはその中から働く仕事を選ぶことができるんです。

ぱとみ

私は今まで何回も転職してきましたが、自分にとって良い会社もあれば悪い会社もありました。

もちろん今の会社を辞めて次に入った所が絶対良い会社だとは言い切れませんが、悪い会社だとも言い切れませんよね。

なので『今のパートを辞めたら次がない!』と、決めつけるのは勿体ないのでは?と思います。

また、今のあなたは以前から比べて成長もしているはず。

パートで働いた経験や知識を次の職場で活かすこともできるので、前の就活していた時より良い条件の会社を探すこともできますよね。

ぱとみ

今の会社に縛られず、いろいろな選択肢があると思うべき!

自分の代わりはいくらでもいる

人手不足の職場は、辞める勇気がなかなか出ませんよね。

『自分が抜けたら会社がダメになるかも』と心配になるし、『他のパートさんに迷惑をかけることになる』など自分以外の他人のことが気になってしまうのも分かります。

けれど実際にはパート1人が抜けたところで会社はつぶれませんし、なんとかなるものなんです。

そして人手不足は会社が考えるべき問題であって、パートがそれについてどうしようか悩む必要は全くないんですよね。

ぱとみ

真面目な人だからこそ気にしてしまいますが、そこまで責任を負わなくて大丈夫!

そして他のパートが『あの人辞めて迷惑だな~』と思うのはひと時のことです。

慣れてくればなんとも思わないし、辞めてしまえばネチネチいう人と顔を合わせることもありません。

だから自分が抜けた後のことは気にせずに、自分の事だけを考えて大丈夫ですよ。

人手不足が気になって辞めれない人は、心構えなど詳しく書いた記事もあります。

こちらも読んで下さいね。

パートを辞めたいけど人手不足!人がいないから言い出せない時の解決方法

辞めると言った後の、気まずさを解消する方法を書いた記事も参考にどうぞ。

パートを辞めるまで気まずい!辞めると言った後どう過ごす?

辞めたいと伝えるのは一瞬で終わる

パートを辞める勇気がでない原因の1つとして、『伝えるのが嫌』というのがあります。

『辞めますと言った後なんて言われるんだろう?』『引き留められたらなんて返せばいいんだろう?』など、考えだすと憂鬱ですよね。

ぱとみ

色々と言われたら面倒だし、それなら我慢して働くか…となっちゃうますよね。

けれど、退職を伝えること自体はほんの10分程度です。

1~2時間上司と話し合うわけではないし、10分我慢して乗り切れば悩んだ日々から解放されると考えてみてください。

辞めたいな…と何ヶ月も悩んでモヤモヤした日々を過ごすより、少し我慢して辞めることを選択した方が精神的にも良いのではないでしょうか。

また『こう言われたらどうしよう…』など色々考えがちですが、悩んだことが絶対に起こるかは誰にも分からないんですよね。

ぱとみ

もしものことで悩みだすと、いつまでたっても辞められません。

言ってみると意外にあっさりと退職を認めてくれるかもしれないですし、もしもの事が起こったらその時また考えるという方が時間を無駄にせずに済みますよ。

人生は1度きり

そして何より、人生は1度きりです。

辞めようか続けようか悩んでいる時間ってそのことで頭がいっぱいになるし、モヤモヤして毎日を楽しめないデメリットがあるんですよね。

そう考えると、悩んでいる時間は本当にもったいないと感じます。

ぱとみ

そんなに悩んでいるのに、今のパートを続けて後悔しませんか?

1年後や3年後に悩んでいるこの時のことを思い出して『良かった』と思うのか、それとも『もっと早く勇気を出せばよかった』と思うのかは今の自分次第ですよね。

また『若くないから転職が難しいかも』など、勇気がでない理由が年齢ならなおさらすぐ勇気を出すべき。

ぱとみ

悩んでいる今が1番若いですし、時間はどんどん過ぎてしまいますよ。

1度きりの人生ですし、後悔のない選択をしていきたいですね。

パートを辞める勇気を出すコツ

パートを辞める勇気が出ない人は、やはり退職を伝えることが最初の難関になっていると思います。

『いざ上司と向き合ったら緊張して何を話せば良いか分からなくなりそう』『感情が高ぶって変なことを言いそう』など、そういったことが気になって一歩踏み出せないんですよね。

ぱとみ

どうなるか読めないと不安になるのも分かります。

けれどそういった悩みはしっかり事前準備したり、自分の契約内容を知っておくことで解決することができますよ。

ここからは、勇気を出すためにできる解決案を紹介しますね。

言いたいことはメモに書いておく

『上司を前にすると言いたいことが言えなくなりそう』『あがり症だし緊張しちゃいそう』という人は、あらかじめ言いたいことをメモに書いておきましょう。

例えば、

  • 退職理由
  • いつまでに辞めたいか

退職理由や希望退職日など必要事項を紙に書くことで、自分の頭の中も整理されますよね。

話すことをメモに書いておくと、思い余って余計なことを言う心配もないので感情が高ぶりそうな人もおすすめですよ。

ぱとみ

メモに書いたことを暗記しても良いし、上司に言う前にメモを見返して最終チェックをしても良いかも!

また人手不足の職場などは引き留められる可能性も高いため、もしもの時なんて返事するか考えておくと良いですよ。

返事を考えていないと、その場の雰囲気に飲み込まれてあいまいな返事をしてしまうかも…。

上司がなんて言ってくるのか予想して、後々後悔しない返答ができるように準備しておきましょう。

丁寧に話せば揉めることはない

退職したいとどんなテンションで伝えたら良いのか迷う人もいるかもしれませんが、伝える時は『落ち着いて丁寧に』が鉄則です。

喧嘩を売るような態度や強気の発言は控えて『ご迷惑をおかけしますが…』『よろしくお願いします』と、低姿勢で話をすることを心がけましょう。

なぜなら強気で発言するとイラっとした上司が話を聞いてくれなかったり、退職の日をずるずる先延ばしにされたり厄介なことになるかもしれないからです。

ぱとみ

変に荒波を立てるより、丁寧な姿勢で伝えた方がスムーズに話が進むってことですね。

ただ弱々しい態度だと、引き留めたら残ってくれるかも…と思われるので要注意。

線引きは難しいですが感謝をちゃんと伝えつつ、辞めたい意思もしっかりと伝えることがポイントです。

ぱとみ

メリハリが大切ですね!

もしかしたら退職を伝えることで嫌味を言われるかもしれませんが、相手にせずに『ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします』とスルーして余計なストレスを溜めないで下さいね。

ちゃんと計画して進めれば大丈夫

退職を伝える前は『もし引き留められたら』『何ヶ月も伸ばされたら』と不安になりますよね。

ですがそんな不安も【言うタイミング】と【自分がいつ辞められるか】調べておけば、心配することはありませんよ。

まずは言うタイミングは、繁忙期を避けること。

忙しい時期だと話を聞いてもらえなかったり、引き留められる可能性が高いのでしっかり話を聞いてくれるタイミングを見計らって伝えましょう。

そして、自分がいつ辞められるかを知るため確認したいのは以下です。

  • 契約期間の有無
  • 退職日の何日前に辞めたいと伝えるかなどの決まり

基本的に契約期間がある契約の場合、契約期間中の退職は認められていません。

また会社側に、退職日の何日前に伝えるべきかの決まりがあるなら従った方が円満退職を目指せますよ。

ぱとみ

契約期間の有無や退職を何日前に伝えるべきかの決まりは、雇用契約書や就業規則で確認できます。

もし自分の契約が契約期間のないものだったら、基本的に2週間前に伝えたら退職できると法律で決まっています。

そういった感じで自分がいつ辞められる契約なのか知っておけば、辞めたと伝えたときに理不尽なことを言われても対処できますよね。

パートが退職を伝えるベストなタイミングはいつか、法律も交え詳しくかいた記事はこちらです。

準備万端にして退職したい人は、合わせて読んでくださいね。

パートを辞めると言うタイミングは退職の何日前?法律だと2週間前って本当?

退職を伝えるタイミングや、切り出し方を書いた記事はこちらです。

パートを辞める時の切り出し方は?上手な言い方や伝えるタイミングも!

勇気を出して辞めるべきパートの兆候

辞めたいのに勇気が出ないというのは、そこまで切羽詰まっていないと感じているから。

引っ越しや病気など『もうこれは辞めないと!』と切羽詰まった状況ならすぐにでも行動が起こせるはずですよね。

けれどなかなか勇気が出ないというのは、『我慢すればなんとかなる』と思う部分があるからではないでしょうか。

ぱとみ

我慢して働くと、ストレスが溜まって体調不良が起こる可能性もあり危険ですよ。

ここからは、勇気を出して辞めるべきパートの兆候を紹介します。

ストレス

まず、パートで働くことでストレスを感じているなら放置するのは危険です。

ストレスがたまってるなと感じたら、こまめに発散することを心がけましょう。

なぜならストレスは放っておくと眠れなくなったり、体調不調につながるからです。

ぱとみ

ストレスが強くなると命の危険を感じて、体が緊張状態になって眠れなくなります!

また仕事に行きたくないと思ったり、プライベートが楽しめなくなっているならストレスがMAXに近い状態…。

『これくらいのストレスは大丈夫』と放っておくと体に影響して、仕事に支障が出る可能性もあるので要注意です。

ちょっとくらいなら我慢しようと…と目をつぶらず、リフレッシュする日を作って下さいね。

ストレスの原因や限界が来る前にやっておきたい対処法など紹介した記事はこちらです。

合わせて読んでくださいね。

パートをストレスでやめたい主婦多数!原因や限界前にしておきたい対処法

体調不良

パートが原因で体調不良が出ているなら、要注意ですよ。

『頭痛』『吐き気』『腹痛』などその時は大丈夫だと思っていても、大きな病気につながることもあるからです。

最悪うつ状態になってしまうかもしれませんし、なってしまったら治療は大変です。

そしてパートが原因でうつ病になっても、会社は責任をとってくれないのも事実なんですよね。

ぱとみ

自分の体は自分で管理しないといけません…。

『こんなことでしんどいと思うのは甘えだ』と自分に無理をさせず、体調が悪いならしっかりと休みましょう。

自分を守れるのは自分だけだし、しんどいとか疲れたとかそういう変化も自分しか分かりませんよ。

元気に働くためにも体は1番に考えて下さいね。

パワハラ・いじめ

もし今、あなたがパートでパワハラやいじめにあっているなら、勇気を出して辞めるべきです。

パワハラやいじめは精神的にも追い詰められるし、我慢すべきことではありませんよ。

ぱとみ

それこそ会社はもっとたくさんあるし、パワハラしない上司・いじめのない環境は沢山あります!

『こんなことで辞めちゃだめだ』と思うかもしれませんが、パワハラやいじめは『こんなこと』じゃないと思いますし十分辞める理由になると思いますよ。

というのも実は私もパワハラに悩んでいた時期があって、辞める勇気を出すまで時間がかかりました。

そして、もっと早くに辞めればよかったと後悔しているからなんです。

ぱとみ

パートを辞めることは自分を守る行動。決して逃げることにはなりませんよ。

パワハラやいじめで体を壊すこともあるし、病院に行くことになったらお金も時間も無駄になります。

嫌な人のせいで、自分ばかり辛い思いをするのは悔しいですよね。

もしパワハラやいじめで悩んでいるなら、勇気を出して自分を守って下さいね。

パワハラが原因で辞めたい時の退職理由や、パワハラの定義など詳しく紹介した記事もあります。

こちらも読んでくださいね。

ぱとみ

私のパワハラの体験談も書いています

パートをパワハラで辞めたい時どうすべき?実体験から学んだ対処法と具体例

パートを辞めると決心した後使いたい退職理由

ここまで、パートを辞める勇気がないときの考え方やコツを紹介してきました。

他人や会社の事は置いておいて自分第一に考えた時、辞めたい気持ちが勝っているなら勇気を出すべきですよ。

『よし辞めよう!』と決心したら、次に悩むのは退職理由です。

ぱとみ

会社と揉めずにスムーズに辞められる退職理由は何かな?

人間関係や仕事内容など改善できるかもしれない理由は避けて、体調不良など『やむを得ない理由』を使うとスムーズですよ。

ここからはやむを得ない理由として言いやすい、『体調不良』と『家庭の事情』の具体的な例を紹介しますね。

体調不良

まず自分の体調不良は、引き留められず会社も納得してくれやすい退職理由です。

例えば、

  • 立ち仕事で腰痛がひどくなってしまった
  • 持病が悪化したので静養したい
  • 体調不良が続いているので家事との両立が難しい

など、体の調子が悪いのでパートを続けるのが難しいと伝えましょう。

体調不良の人を続けさせて、症状が悪化しても会社は責任を取れないので納得せざるを得ませんし、自分としても言いやすい理由です。

ぱとみ

体調不良はパート仲間から睨まれることもないので安心ですよ。

家庭の事情

家庭の事情も体調不良と同じく、会社に突っ込まれにくく引き留められない理由です。

例えば、

  • 親(または義理親)の介護が必要になった
  • 夫の勤務形態が変わりパートとの両立が難しくなった
  • 自営業を手伝うことになった
  • 引っ越しすることになった

親や夫の家族のことも関係してくるとなると、プライベートな事なので会社も突っ込んで質問しようとは思いませんよね。

ただ家庭の事情で嘘をつく場合大胆な嘘はバレやすいですし、バレたときに気まずくなるので要注意

パート仲間と日常的な会話で家族や子供の話をしている場合はボロが出やすいし、生活圏内で働いている場合誰かに見られて疑われる場合もあります。

ぱとみ

嘘がばれて気まずくならないように、よく考えて伝えましょう!

パートを辞める勇気や決心がつかない時は自分第一で考えよう

パートを辞める勇気が出ない時は、まずは職場や他のパートさんの事はいったん置いておいて自分第一で考えてみましょう。

人のことは別にして自分中心に考えた時、辞めたいなら勇気を出すべき。

またパワハラやいじめを受けていたり、体調不良が起きているなら自分のためにも一歩踏み出しましょう。

具体的に勇気を出すコツは、

  • 言いたいことはメモに書いておく
  • 丁寧に伝えればもめることはない
  • ちゃんと計画すれば大丈夫
ぱとみ

頭の中で話すことを考えて、落ちついて話せば大丈夫ですよ。

自分はいつ伝えれば辞められるのか理解しておけば、上司に引き留められたとき丸め込まれることもありません。

また、決心がついたなら『やむを得ない退職理由』を伝えてスムーズに辞めましょう。

辞めたいと思ってもなかなか行動に移せない気持ちも分かりますが、悩んでいてもモヤモヤした時間が続くだけ。

ぱとみ

思い切って行動に移してみてくださいね。

パートを辞める勇気が出ない、決心がなかなかつかない人の参考になれば嬉しいです。

パートにおすすめの退職代行ランキング

詳しいランキングはこちら>>パートにおすすめ退職代行ランキング10選!

退職代行診断

ぱとみ

質問に答えるだけで、今のあなたにピッタリな退職代行がわかりますよ!

★退職代行診断★
退職代行を使う理由は?
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる