退職代行でパートを辞めた体験談はこちら>>CLICK!

パートを辞めたいけど言えない!決断できる考え方やおすすめ退職理由

パートを辞めたい…でも言えない。

退職をなかなか伝えられず、仕事を辞めたいのに辞められないという状態になっていませんか。

上司になんて言われるか、同僚からどう思われるかなどと考え出すと、なかなか辞めると言えない気持ちも分かります。

私も「辞めさせてもらえなかったらどうしよう」「同僚に迷惑をかける事になる…」なんて考えて、パートを辞めたいけど中々言えない事がありました。

でも頑張って伝えたあとは気持ちも楽になって、憂鬱だった気持ちも一気に吹き飛びましたよ。

ぱとみ

伝えるのは一瞬!勇気を出してみて。

この記事では、パートを辞めたいけど言えない時の決断できる考え方、辞めると言いづらい時の対処法をご紹介していきます。

納得してもらいやすいオススメの退職理由もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

目次

パートを辞めたいけど言えない時の決断できる考え方!

仕事を辞めたいと言い出しにくい、どうしよう…と悩む気持ち、とってもよく分かります。

退職を伝えるのって、伝えた時の反応やその後の職場の雰囲気を考えるとためらってしまいますよね。

でももう退職したいと気持ちが固まっているのなら、思い切って退職の意思を上司に伝えてみましょう。

ぱとみ

難しく考えず、自分の気持ちに正直に行動するのが吉!

ここではパートを辞めたいけど言えないと悩むあなたに、「決断できる考え方」をご紹介していきますね。

パートを辞めた後の生活を想像する

退職したいけど言えない…そう悩む時は、ぜひ今の職場を辞めた後の生活を想像してみて下さい。

  • 毎日笑顔で夫や子供と笑っている
  • 自分に合った新しいパート先で楽しく働いている
  • やりたかった事にチャレンジしている
  • 家で思いっきりゴロゴロしている

もちろん人それぞれ退職後の生活は違いますが、自分の新しい生活を思い浮かべると「早く決断して伝えなきゃ!」という気持ちになりますよ。

ぱとみ

私もなかなか退職を伝えられなかった時、辞めた後の生活をいっぱい想像しました!

辞めた後の職場の心配は無用

一生懸命頑張ってきた職場や人手不足の職場の場合、同僚に迷惑をかけてしまうかも…と退職を言い出しにくいですよね。

でも、辞めた後の職場の心配はしなくて大丈夫ですよ。

ぱとみ

気持ちは分かりますが、辞めた後の事は会社に任せてしまいましょう。

もし人手不足で辞めにくいのだとしたら、人手不足はそもそも会社の責任なので気にすることはありません。

職場環境の改善、労働力の確保は会社が考えることです。

多くの職場では、欠員が出たら新たな人を雇って補充しながらやっていきます。

辞めた後の職場の事を考えると退職を伝えにくい…という事ならば、「私が辞めた後の仕事の調整は会社の仕事」と割り切って考えることも大切ですよ。

もし人手不足でパートを辞めにくいと困っている時は、こちらの記事も参考にして下さいね。

パートを辞めたいけど人手不足!人がいないから言い出せない時の解決方法

辞めたいと伝えるのは一瞬

退職理由がどうであれ、上司に退職を伝えるのってハードルが高いですよね。

ぱとみ

何度も退職の申し出をしてきた私でも、毎回ドキドキします…。

退職を伝えてどんな反応をされるか考えると緊張しますが、それでも伝えるのはその日1日のこと。

自分の人生のうちの、ほんの一瞬の事です。

どうなるか分からないことを想像して恐れて行動しないよりも、自分の気持ちに従って勇気を出して行動する事が大切ですよ。

退職を伝える時はどうしても緊張してしまうとは思いますが、退職を伝えた後はスッと気持ちも楽になります。

ぱとみ

あっという間に終わること。だから頑張って下さいね。

退職を伝える時の切り出し方や上手な言い方はこちらの記事にまとめています。参考にどうぞ。

パートを辞める時の切り出し方は?上手な言い方や伝えるタイミングも!

悩んでいる時間がもったいない

辞めたいと伝えた時の上司の反応を色々想像してしまって、退職を伝えられなくなっていませんか。

確かにパートを辞めたいけど言えない原因の一つに、上司の反応が怖くて言いづらい…という声があるようです。

でも上司の反応は事前に自分がいくら想像していても、その時になるとは限りません

違うようになる事も、大いにあり得ることです。

実際は、退職を伝えてみたら驚くほどあっさりと退職を認めてくれたということも多いんですよ。

ぱとみ

ですから正直、悩む時間がもったいないです。

言えないな…と悩んでいても、ただ時間だけが過ぎてしまうだけで何の解決にもなりません。

伝えてしまえばあとは辞める日に向かって前に進むだけになるので、思い切って伝えてしまいましょう。

辞めたらもう二度と会わない人

仕事を辞めると伝える時から実際辞める時まで、もしかしたらイヤな思いをするかもしれないですし、気まずい思いをするかもしません。

やはり同僚の態度が変わる事もあるでしょうし、辞める人にこの仕事を頼んでも大丈夫だろうか?と気を使われてしまう事もあるでしょう。

でもあなたがパートを辞めることは悪いことではないのですし、気にすることはないですよ。

それに考えてみて下さい。

上司はもちろん同僚も、会社を辞めたあとはもう2度と会うことのない人が大半ではないでしょうか。

ぱとみ

私は自宅のすぐ近所で働いていましたが、辞めたあと職場の人にバッタリ会ったことはないですよ。

今は一緒に仕事をしているので想像しづらいかもしれないですが、退職してしまえば会うことがなくなるのが普通で、すぐに忘れてしまうくらいの関係性でもあります。

つまり言ってしまえば、どう思われようと気にする必要はない人という事です。

そんな関係性の人の顔色を伺って新しい一歩を踏み出せいないのは、本当に勿体ないですよ。

こちらの記事にパートを辞めるまでの気まずさを解消する方法や、退職を伝えた後に気を付けたいことを書いています。

私の体験談も合わせてご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

パートを辞めるまで気まずい!辞めると言った後どう過ごす?

パートを辞めたいけど言えない!言いづらい時の対処法

「言いづらいけど、退職を伝える事に決めた!」

そんな時に参考にして欲しい注意点やアドバイスを、対処法としてまとめました。

退職を伝えるタイミングに気を付ける

パートを辞めたいけど言えない!と悩む原因は、色々ありますよね。

例えば人手不足で言い出しにくいとか、上司が怖くて言いにくいとか、あなたなりの言いにくい原因があると思います。

そんなパートを辞めたいけど言えないという環境・職場だからこそ、きっちり会社の規則に沿って退職の手続きをしましょう。

ぱとみ

アレコレ言われないためにも、しっかり退職の手順を踏んだ方がいいですよ。

退職の意思を伝えてから辞めるまでの期間は、「雇用契約書」や「就業規則」に書かれている内容をチェックしてみて下さい。

契約期間の定めがない(無期契約)のか、契約期間の定めがあるのか(有期契約)で違いがあります。

期間の定めがない場合
期間の定めがある場合
  • 希望退職日の二週間前までに伝えることで退職可能
  • 基本的には契約期間中は退職することが出来ない(但しやむを得ない理由があれば退職は可能)

基本的には、上記のルールが適用されますよ。

また会社によっては「退職の何日前までに伝えること」という決まりがある事もありますので、その時はその日程に沿って申し出るようにしましょう。

もし自分の雇用契約の内容がよく分からないという時は、一般的には退職したい日の1ヶ月前に伝えることを目安に考えるといいですよ。

もっと詳しいパートが退職を伝えるタイミングについて知りたい時は、こちらの記事を参考にして下さいね。

パートを辞めると言うタイミングは退職の何日前?法律だと2週間前って本当?

退職時期は繁忙期以外にする

パートを辞めたいけど言えないな…と思う職場ならば、退職時期は繁忙期を避けることオススメします。

やはり繁忙期に辞めるとなると多かれ少なかれ同僚に負担をかける事になりますので、自分も心苦しい気持ちになってしまいますよね。

ぱとみ

といっても、もちろん無理をしてまで繁忙期を避ける必要はないですよ。

忙しくない時期に辞める方が、自分的にもやはり退職を伝えやすいかと思います。

繁忙期前に、繁忙期が終わったら辞めたいと先に言っておくのもおすすめです。

退職を伝えにくいと思っているならば、職場が繁忙期でない時に辞めるという選択をして申し出るといいですね。

退職を伝えるアポ取りをメールでしてみる

パートを辞める時の切り出し方の記事でも紹介していますが、基本的には退職を伝える手順としては、

  1. 上司に「今日時間を少しとって欲しい」という事を伝える
  2. 別に時間を取ってもらい、実際に退職を伝える

という風になります。

つまり退職の話を聞いてもらうためのアポ取りの時から、出来るだけ人のいない時を狙って口頭で話かける必要があるわけです。

ぱとみ

これが結構ハードルが高いんですよね。

もしこの最初の話を聞いてもらうためのアポ取りをメールで出来たなら、少しは退職を言い出しやすいと思いませんか。

退職したいという気持ちは口頭で伝えるのが基本ですが、退職を伝えるためのアポ取りでしたらメールでも大丈夫だと思いますよ。

もしメールアドレスを知らない、電話の方がしやすいという時は、アポ取りを電話でしてもいいですね。

お話しさせていただきたいことがあるので、次に出社する○○(日にち)に少しお時間をいただけないでしょうか?

と電話で先に伝えておくのもアリです。

もしそれだったら伝えられるかも!と思うなら、まずはメールや電話で「時間を作って欲しい」という事を伝えてみましょう。

こちらの記事にメールで退職を伝える時間を作ってもらう「アポ取りメール」の例文などをのせています。参考にして下さいね。

パート退職時に辞めると口頭で言うのはあり?電話やメールは非常識?パターン別例文も

退職代行を使うのもアリ

もしどうしても、パートを辞めたいのに言えないという事ならば、退職代行を使うのもアリですよ。

ぱとみ

私はスーパーのパートが辞められなかった時に、実際に退職代行のお世話になりました。

退職代行とは、会社側に自分の代わりに退職の意思を伝えてくれるサービスです。

モヤモヤと悩んでいた時間はなんだったんだろう…と思うくらい、あっという間に退職の手続きが終わりましたよ。

ぱとみ

なんと、夜に申し込んで翌日昼頃には退職の手続きが終わっていました。

もちろん私が上司と話をする事は一切なかったですし、職場に一度も出向くこともなく退職することが出来ました。

もし「パートを辞めたいけど言えないな…」「どうやったら辞めるって言えるんだろう…」と悩んでいるのなら、退職代行を選択肢の一つとして考えてみてもいいと思いますよ。

依頼する前には、パートを退職するのに退職代行を使うのもどうなのかな…とか、お金がかかってしまう…とか迷いはしました。

でも利用してみたら本当にスムーズに退職できたので、お願いして本当に良かったと思っています。

ぱとみ

「辞めたいのに言い出せない…どうしよう…」とずっと悩んでいましたが、嘘のようにスッキリしました。

私が利用した退職代行サービス『Jobs』は、とっても丁寧に素早く対応してもらえました。

退職代行Jobsを使って実際にパートを辞めた時のことは、体験談としてこちらに詳しく書いているので興味がある方は参考にしてみてくださいね。

【実録】退職代行Jobsでパートをやめたリアル体験談!

チェック!

パートを辞めたいけど言えない時のおすすめ退職理由

退職を伝える時に気になるのが、やはり退職理由をどう伝えるかではないでしょうか。

パートを辞めたいけど言えない…と悩んでいたのをせっかく勇気を出して伝えるのですから、その場で納得してもらえるような退職理由を上手く伝えたいですね。

ポイントとしては、この2つです。

  • 引き留められにくい退職理由
  • 個人的な退職理由(会社に不満があるような退職理由にしない)

話がスムーズに進むかどうか退職理由によって違ってくることもありますので、納得してもらいやすい退職理由を見ていきましょう。

やむを得ない家庭の事情

本来の退職したい理由が会社に対する不満だとしても、それを退職理由にしてしまうと「改善する」などと引き留めに合う可能性があります。

ですから仕事に関係することを退職理由にするのではなく、個人的なことを理由にするのがおススメですよ。

ぱとみ

不本意ではありますが、サクッと認めてもらうためです!

一番のオススメは、やむを得ない家庭の事情での退職です。

例えば、

  • 親戚に頼まれて、仕事を手伝うことになった
  • 家族の具合が悪く、病院への付き添いや介護が必要になった
  • 夫の部署が変わり、勤務の時間的にパートと両立するのが難しくなった

このような理由ですね。

プライベートな内容になりますので踏み込んだ質問がされにくいですし、仕方がないなと思ってもらいやすいですよ。

といっても、全くの嘘の理由は不自然に感じられてしまう事もありますので、できるだけ真実に近い理由にしておいた方がいいですね。

例えば同僚などに「両親は遠方に住んでいる」と話しをした事があったとしたら、両親の病院への付き添いが必要になったから辞めたいと言ってしまうと、アレ?と思われてしまう可能性もあります。

長く働いていた職場だったらある程度自分のプライベートな話をしている事もあるでしょうし、その辺りは気を付けた方がいいと思いますよ。

またもし退職理由をウソにするなら、仲のいい同僚にも本当の理由は伝えない方が安心です。

ぱとみ

退職までにウソがばれてしまって気まずい思いをするくらいなら、最後までウソを突き通した方が自分の為ですよ

自身の体調不良

体調不良も引き留められにくく、納得してもらいやすい個人的な退職理由になります。

  • 腰痛が悪化し、立ち仕事が難しい
  • 持病が悪化したため病院で見てもらったところ、しばらく静養するように言われた
  • 頭痛がひどく、仕事を続けることが難しい

などです。

もし病状などを詳しく聞かれたとしても体の事はとてもプライベートなことなので、「個人的なことなので、すみません」で伝えなくて大丈夫ですよ。

ぱとみ

体調が悪くても続けて欲しいとは会社側も言えませんし、認めてもらいやすい退職理由と言えますね。

パートを辞めたい時は早く伝えてスッキリしよう

パートを辞めたいけど言えない時の、「決断する方法」「対処法」「おすすめ退職理由」をお伝えしてきました。

退職を伝えるのは緊張しますが、伝えるのは一瞬で終わりますし、自分のために早く1歩前へ進んだ方がいいですね。

ぱとみ

悩んでいる時間がモッタイナイです!

パートを辞めたいと言いづらい時こそ気を付けたいことや、オススメしたい事もご紹介しました。

  • 退職を伝えるタイミングに気を付ける
  • 退職を伝えるのは繁忙期以外にする
  • 退職を伝えるアポ取りをメールでしてみる
  • 退職代行を使ってみる

退職理由は「やむを得ない家庭の事情」と「体調不良」が、引き留めてもらいやすく納得してもらいやすいですよ。

パートを辞めたいけど言えない、その気持ちはとても分かります。

でも勇気を出して伝えたあとはとてもスッキリすると思いますので、ぜひこの記事を参考に退職を伝えてみて下さいね。

パートにおすすめの退職代行ランキング

詳しいランキングはこちら>>パートにおすすめ退職代行ランキング10選!

退職代行診断

ぱとみ

質問に答えるだけで、今のあなたにピッタリな退職代行がわかりますよ!

★退職代行診断★
退職代行を使う理由は?
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる